新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

ぞうのババール こどものころのおはなし

ぞうのババール こどものころのおはなし

  • 絵本
作・絵: ジャン・ド・ブリュノフ
訳: やがわ すみこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1974年10月
ISBN: 9784566000001

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
27.5X20cm 48ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

森で狩人におそわれ、にげだしたババール。どんどんにげて、とうとう人間の町までやってきた。はじめて見るものばかりで、ビックリの連続。そして…。ぞうのババールの、ゆかいな冒険と心温まる愛と友情の物語。世界中で半世紀以上も、親から子へと読み継がれてきた名作シリーズ。

ベストレビュー

ババールの世界へようこそ!

大きな森のぞうの国で、小さなぞうが生まれます。名前はババール。すくすく大きくなっておかあさんと散歩していたある日、悪い狩人におかあさんが鉄砲で撃たれ、捕まりそうになったババールはどんどん逃げて、町にたどりつきます。そして、ぞうの気持ちなら何でも分かるおばあさんに出会って・・・。おなじみのぞうのババールがぞうの国の王様になるまでのお話しです。うちの子供たちはこの本が大好きで、何度も何度も読んだので、もうすっかりボロボロですが・・・。ちょっと長いので、読むほうは疲れるんですけどね。大型サイズの絵本もありこちらのほうが子供たちのお気に入りですが、こちらは大事に大事にページをめくっています。

(かあぴいさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,320円
1,430円
880円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
495円
1,430円
605円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ぞうのババール こどものころのおはなし

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.23

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 27人

ママの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら