新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
やかまし村の春夏秋冬

やかまし村の春夏秋冬

  • 児童書
著: アストリッド・リンドグレーン
絵: イングリッド・ヴァン・ニイマン
訳: 石井 登志子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,815

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年12月19日
ISBN: 9784001157352

192ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

リーサ,アンナ,ブリッタ,ラッセ,ボッセ,ウッレのわんぱく6人組は,今日も元気いっぱい! クリスマス・パーティーにそり遊び,エープリル・フールにイースター,秘密の冒険に宝さがし……,年中楽しいことだらけ.小さな村にくらす子どもたちの,四季おりおりの物語.新訳・新装丁の「やかまし村」シリーズ,第2弾!

ベストレビュー

楽しい子ども時代の思い出

北欧の田舎の村に住む子どもたちの、冬〜夏ごろにかけての楽しい体験をつづったお話。

原書:1949年刊行。本書は2019年に刊行された日本語版。
昔のスウェーデンの、山奥の村に住む農家の暮らしや、森や川などの自然の風景を想像しながら楽しむ。
きっと著者の素晴らしい子ども時代の思い出が下敷きになっているのではないだろうか。
理想的な家族、元気な子どもたち、お金持ちではないけど心豊かに暮らす人々、堅実な生活。全てが美しい。

小さい子どもがやりそうなことが、実に生き生きと描かれている。自分の子ども時代も、まだ兄弟が多い(3人くらいいるのが普通だった。一人っ子は少なかった)ので、兄弟どうしでいろいろやらかした思い出も思い出した。
(もっとも、うちは田舎と言っても日本の寒村。温かい家庭とは程遠い、怒鳴り声と暴力が支配する恐ろしい家だったが)

小さいころにこんな素敵な思い出があったら、さぞかし人生が豊かで楽しいものになるだろうなと思った。
楽しく美しいが、しっかり現実生活をしている様子もあり、安心して読めるお話。

それぞれのエピソードが短編集のように独立しているので、適当に休みながら読んでもいい。
最初から通して読むと、素朴な農村生活の春夏秋冬を体験出来て、それも素敵だ。
(渡”邉恵’里’さん 40代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,815円
1,815円
1,650円
990円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

880円
440円
715円
6,600円

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

やかまし村の春夏秋冬

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら