新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
みにくいあひるの子

みにくいあひるの子

原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
絵: スベン・オットー・S
訳: 木村由利子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1979年
ISBN: 9784593500888

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あひるのたまごの中に1つの白鳥のたまごがまぎれこんでしまいます。やがて生まれてきたひなたちの中で、1羽のみにくいあひるの子が苦難の道を、やがて美しい白鳥に成長する過程を描きます。

ベストレビュー

【再投稿】「みにくいあひるの子」絵本の決定版

いくつもの絵本、紙芝居を見てきて、やはり最終的に戻ってきたのがスベン・オットーが絵を描いた絵本でした。
みにくいあひるの子が、実は白鳥だったという結末は、多分周知の本筋でしょう。
その結末を美しく演出するために、多くの絵本、紙芝居は、みにくいあひるの子が、どのような経験を過ごして、白鳥であることに気づくことができたのか、アレンジによってその凄さを薄めているのです。
いじめられ、迫害され、みにくいあひるの子は、氷に閉じ込められて死の寸前だったところを助けられたのに、パニックを起こすまでのトラウマを抱えてしまします。
「どうか私を殺してください」とまで、思い込んでしまったあひるの子は、信じられない幸福を手に入れることが出来ました。

結論を知っているからこそ、安心してみていられる展開です。
でも、このお話の中に、姿形でこれほどまで苦しむ人間の姿を感じる取ることができます。
醜いあひるの子は白鳥でした。
醜いままのあひるの子だったら、救われないのでしょうか。
そもそも容姿だけではなく、様々な要因で差別される人たちに対する思いやりに欠けたお話なのです。

みにくいあひるの子に対して、「良かったね」で終わらせるのではなく、丸ごと受け入れる社会を考えなくてはいけないと思います。
ノーマライゼーションを考えることの重要性を再認識しました。

(ヒラP21さん 70代以上・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,640円
2,838円
3,905円
2,959円
1,210円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,905円
2,640円
880円
880円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みにくいあひるの子

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら