話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
みんなのいえ

みんなのいえ(文溪堂)

たしろちさとさんデビュー作が待望の単行本化!

うろおぼえ一家のパーティー

うろおぼえ一家のパーティー

  • 絵本
作: 出口 かずみ
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,485

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2022年04月18日
ISBN: 9784652204900

B5変型判 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】今読みたい絵本9選 西日本ファミリー読書レビューコンテスト

みどころ

おとうさん、おかあさん、おにいさん、おとうと、いもうと。「うろおぼえ一家」の特徴は全員同じ。それは「うろおぼえ気質」だということ。そう、何もかもがうろおぼえ、もう見ていられないくらい! でも不思議と楽しい気持ちになってくるのです。前作『うろおぼえ一家のおかいもの』を読んだことある方ならわかりますよね。

さて、今回はそんなうろおぼえ一家がパーティを開くことになりました。誰かのなにかをお祝いする大切な日です。ええーっ、そこも忘れちゃうの?

けれどもとにかく支度をはじめていると、次から次へとお客さんが訪れます。ねこの親子は歯が抜けたと報告に、100ぽぴったりで家に着いたといういぬに、拾ったタネから芽が出た!と2ひきのはりねずみも。なんだかみんなおめでたい。そこに、大変な姿で帰ってきたのは……?

結局うろおぼえのまま開かれるパーティー。
「おめでとう!」
あちらこちらに気になる答えの片りんは転がっているのだけれど、思い出せないのだから仕方がない。お祝いしたい気持ちは本物ですからね。ありえないけれど、一緒にいたくなる。愛すべき一家のお話です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

とある一家は、家族全員、揃いも揃ってうろおぼえ。まもなく誰かの何かのお祝いの日なのですが、いざパーティーを開こうとすると、誰の何のお祝いだったか?…やっぱりうろおぼえ。けれどお祝いしたい気持ちは本物なのです…。

うろおぼえ一家のパーティー

うろおぼえ一家のパーティー

うろおぼえ一家のパーティー

ベストレビュー

うろおぼえいっかが愛おしい

前作のうろおぼえいっかのおかいものは、ハラハラで何度もおぉーい!とツッコみたくなる、でもなんだか愛おしいお話でしたが、こちらはさらに愛らしさが詰まっていて。なにをお祝いするのか忘れちゃった一家、最後まで思い出せずに終わりますがあちこちにヒントが隠れていて、なぜ気づかないのか楽しくヤキモキしました。

でもささやかなみんなの幸せをお祝いしようとするその姿勢が素敵で、最後までほっこりした気持ちになりました。
(じゃすさん 30代・ママ 女の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,485円
1,760円
1,870円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

660円
550円
550円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

うろおぼえ一家のパーティー

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら