話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば

かむもかまぬも神だのみ めちゃヘンな早口ことば(小学館集英社プロダクション)

これ、言える? 言えたらヒーロー! みんなで遊べる! 一瞬で噛んじゃうヘンテコ早口ことば!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
天の鹿

天の鹿

作: 安房 直子
絵: スズキ コージ
出版社: 復刊ドットコム

税込価格: ¥1,980

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784835442334

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

安房直子の名作がついに復刊です!

鹿狩りの猟師の三人の娘がそれぞれ、不思議な鹿に連れられて鹿の市場に行き買い物をする。
幻想的で美しいお話しです。

初版は1979年、筑摩書房より刊行。

若き日のスズキコージによる素晴らしい装丁・挿絵も見逃せません。

ベストレビュー

神宿る、山の不思議。

鹿撃ち名人の猟師、清十さんは不思議な鹿と出会う。
ものをいう、鹿だ。
名人の清十さんでも、撃つに撃てないような気高さを持った立派な牡鹿。

命と引き替えに鹿の市へ連れて行き、何でも買える金貨を1枚くれた。

なんとも不思議なお話なのだが、神が宿り、天狗もいるといわれる山の中。
こんなこともあるかも知れない、と思う。
山に生きる清十さんが素直に受け入れているから、読む方もすんなりと入っていけるのだろう。

鹿はあるものを探し続けて、清十さんの娘三人を次々と誘って鹿の市へ連れて行く。
三人それぞれの性格がしっかりと書き込まれていて惹きつける。

このお話は、ハッピーエンドなのだろうか。
切ないラストなのだろうか。
読む者に委ねられているようだ。

安房さんの魅力的なお話に、スズキコージさんの絵が非常に効果的だ。
色彩のない版画のようなの絵が、より多くの想像を広げている。
(ちゅら。さん 40代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,200円
495円
1,760円
1,047円
2,750円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

968円
1,540円
3,740円
550円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

天の鹿

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら