新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
都会のワニ

都会のワニ(小学館集英社プロダクション)

都会に生きる孤独なワニの姿を通じて「自分の在り方」を問いかける“あなた”のための物語

おうちへかえろ

おうちへかえろ

  • 絵本
作: 三浦 太郎
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2008年09月
ISBN: 9784494003976

出版社のおすすめ年齢:0・1歳〜
B5変型判・18.7×21cm・24頁
関連書籍
バスがきました
でんしゃがきました

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「おうちへかえろ てをつないでかえろ」
ねずみさん、うさぎさん、らいおんさん、ぞうさん、そしてわたし。みーんなで手をつないで「おうちへかえろ」
ねずみさんのおうちは・・・ちいさなくつのおうち。
うさぎさんのおうちは・・・にほんのえんとつのあるおうち。
らいおんさんのおうちは・・・おおきなおしろのおうち。
手をつないでいたお友だちは、ひとりずつおうちへかえっていって、残ったのはわたしひとり。
さみしそうなわたしに、おつきさまがおりてきて手をつなぎ、「おうちへかえろ」としてくれるページがとってもかわいいです。わたしのおうちは・・・そう、おとうさんとおかあさんのまってるおうち、だよね。
三浦太郎さんのやさしいタッチのイラストは、ページをめくっていくとだんだん色のトーンが変わっていき、パステルっぽい色合いからすこしシックな色合いまで心地よい変化を楽しめます。あわただしい子育て。一日の終わり。お布団で子どもに読んであげると、なんだか大人までほっと癒される絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

おうちへかえろ

出版社からの紹介

帰宅時に、ともだちと別れるときのさびしさ。かならずおうちで待っていてくれる、お父さんお母さん。
絶対の安心が心に残ります!

ベストレビュー

温かい家族のもとへ。

動物たちの絵がとてもかわいらしくて癒されます。

それぞれの動物にちなんだおうちにみんな帰っていくお話です。
「帰る」というとなんとなくさみしい気持ちになって、しょんぼりしてしまったりしますが、帰った先には温かい家族が待っている喜びも感じることができました。

息子も気に入ってくれましたが、私も気に入りました。
長い文章の絵本は集中して聞いてくれないので、絵がかわいくて単純な文が並んでいる絵本を探していました。そんな時見つけた絵本で、最近は毎日のように読み聞かせしています。
(プッちゃさん 20代・ママ 男の子2歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

990円
1,430円
1,210円
968円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,210円
4,730円
440円
638円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 降矢ななさん

おうちへかえろ

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら