新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ぐりとぐらのえんそく
プラチナブックメダル

『 ぐりとぐらのえんそく 』 は
「絵本ナビ プラチナブック」です。

絵本ナビ人気ランキング上位の絵本として選ばれています。

ぐりとぐらのえんそく

  • 絵本
作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1983年03月
ISBN: 9784834008920

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


大賞決定!豪華サイン本は誰の手に!

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

おはなし

のねずみのぐりとぐらは、お弁当の入ったリュックと水筒を持って野原へ出かけます。
林をぬけ、野原について、荷物を降ろして「そろそろお昼かしら?」と持って来た目覚まし時計を見ると、まだ10時!
青空の下で体操をしたけれど、まだお昼前!
今度はマラソンを始めたぐりとぐら・・・ところが突然転んでしまいます。2匹の足にからんだのはなんと『毛糸』でした。
「どこまでつながっているんだろう?」
どんどん大きくなる毛糸玉を転がしながら着いたのは、森の中の1軒の家。そして出会ったのはくまさんでした。
くまさんのチョッキの毛糸がほどけていたんです。
くまさんもマラソンに誘って一緒に野原に走って行くと、ちょうど目覚まし時計がお昼の時間を知らせて「リ〜ン」と鳴ったので、みんなでおいしいお弁当を一緒に食べました。

みどころ

野原で『毛糸』を見つけたぐりとぐら。
「どこまで続いているのかなあ・・・?」「何につながっているんだろう・・・?」
ぐりとぐらと同じように、子供たちもいろんな想像をしながらお話しの中に入ることができると思います。
横長の絵本の端まで続く、緑色の縮れた毛糸の行く先をわくわくしながら一緒に楽しんでみてください。
お尻から現れるくまさんは、子供にはとてもインパクトがあるようですよ。
――(ひじり あい ;絵本ナビ オフィシャルライター)

ぐりとぐらのえんそく

出版社からの紹介

遠足に出かけ、マラソンを始めた野ねずみのぐりとぐらは、野原にのびていた毛糸に足をとられて、突然ころんでしまいました。その毛糸をたどっていくと……。

ベストレビュー

体操がかわいい

ぐりとぐらの体操のところが大好きな娘。
そこでいつもにっこりします。
なかなか時間が過ぎないっていう子どもならではの
感覚もかわいらしいなあと思います。
私も小さいころ読んでいて、
毛糸を丸めるたびにこの絵本を思い出していました。
くるくるとゆきだるまみたいに丸めていく姿、
ほんとうにかわいらしいなあといつ見ても思います。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,100円
1,100円
1,540円
770円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
561円
550円
550円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ぐりとぐらのえんそく
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら