新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
はるのおくりもの

はるのおくりもの

  • 絵本
作: せいの のりこ
出版社: 日本標準 日本標準の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2024年02月26日
ISBN: 9784820807483

出版社のおすすめ年齢:4・5・6・7歳〜
261mm×216mm 32ページ

みどころ

「どこに いけば ゆきが あるの?」

雪を見たことのないカエルが、ウサギとキツネに問いかけます。ウサギとキツネは冬にならないと雪は降らないのだと言います。一度でいいから雪が見たいというカエルですが、冬は寒くて苦手なのです。

「じゃあ つぎの ふゆまで いっしょに まとうよ」

みんなで待てば大丈夫だと、3びきは毎日一緒に遊ぶようになりました。やがて秋になり嵐がやってくると、怖がるカエルにウサギとキツネはそっと寄りそい、なんとか願いをかなえてあげようとします。ところが、本格的に寒い冬がやってきた頃、とうとうカエルくんは動けなくなってしまい……。

一つ一つ丁寧に描かれた花や木を背景に描かれる、カエルとウサギとキツネの優しい物語。動かなくなってしまったカエルくんを悲しみ、土に埋め、お花をたむけるウサギとキツネ。そんな3びきに、驚きの贈りものを届けたのは春の風。

「ふあーー。よく ねたー!」

カエルくんが本物の雪を見られるまで、いつまでも3びき一緒に仲良く過ごしてね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

「どこにいけば雪って見られるの?」雪を見たことがないカエルは、一度でいいから雪を見てみたいと願います。それを聞いたキツネとウサギは、カエルの望みをかなえてあげようと寄りそいます。ところが、やっと雪の降る季節、冬がきたら、カエルは動かなくなってしまいました。キツネとウサギは悲しみながらも、カエルを土に埋め、お花をたむけます。そうして春がきたらカエルは“冬眠”から目覚めて……。
友だちを思う心あたたまるお話しです。
また、花や木一つ一つを丁寧に描いた美しい絵も、ぜひご覧ください。

はるのおくりもの

はるのおくりもの

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,045円
1,320円
1,540円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
770円
825円
1,320円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

はるのおくりもの

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら