新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

なみ

なみ

  • 絵本
作・絵: スージー・リー
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784062830355

A4変型・36ページ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

絵が物語る絵本

2008年に、アメリカで刊行されるや、たちまち世界各国から、出版の申し込みが殺到したと言われる作品。
原題は、「Wave」
日本では2009年の初版です。

この絵本の何が凄いかって、文字がない絵本なのに各国から出版依頼があったということ。
だから、翻訳と言っても、題名しか異りません。
ですから、それだけ、絵が物語る作品だということなのです。
しかも、使用されている色は、青と黒だけ。

物語は、女の子が、ママに連れられて海にやってくるシーンから始まります。
横長の変則型の絵本が、海の広がりを上手く表現しています。

右側のページが海の領域、左側のページが女の子とカモメの領域になっていて、打ち寄せる波は、ページの境目までしか到達出来ません。
それを逆手に取って、女の子が波をからかう仕草が絶品です。

女の子は、その境界を越えて波と戯れるようになるのですが、波に逆襲されてずぶ濡れになってしまいます。
でも、波はその代わりに貝殻のプレゼントを残してくれたりして、波との対話が実に小気味良いものとなっています。

波の打ち寄せる音、カモメのざわめき、女の子の声さえもが、正に聞こえんばかりの臨場感で迫ってくる絵は、計算し尽された構図と相まって、見るものを圧倒します。
類稀な表現力のある絵は、5歳位から上の年齢であれば、対象を選ばない素敵なもの。
お洒落という一言がピッタリの絵本です。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

6,930円
1,650円
880円
1,540円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

2,530円
3,300円
990円
2,200円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

なみ

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら