話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
バーバパパのはこぶね

バーバパパのはこぶね

  • 絵本
作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1975年11月
ISBN: 9784061287631

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
ワイド判・32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】バーバパパ45周年 ありがとう レビューコンテスト

出版社からの紹介

バーバ一家と動物たちがロケットで地球脱出。

地球の空気や水がよごれて、動物たちが苦しんでいます。
バーバパパたちは、動物たちを助けるため、ロケットの箱船をつくって宇宙へ飛び出しました。

ベストレビュー

何か伝わったよ!

お兄ちゃんが初めて幼稚園からかりて帰った本。どきどきわくわくしながら開いたよ。なんだか楽しそうなバーバ一家。動物も鳥も人間も仲良し。ところが!黒いけむりや汚い水にみんなが苦しむよ。そして動物や鳥や魚を追い回す悪い人間の登場!人間とバーバパパたちは離れ離れになったよ。 お話がちょっと難しいかな?と思いながらも反応を見ると、絵でちゃんと伝わってたみたい。動物の皮でかばんやくつや毛皮ができることを知ったら「かわいそうだね」って見てた。バーバパパたちが動物を助けて悪い地球から逃げ出すときはロケット箱舟にわくわく。いい地球ってどんなかもわっかったよ!最後にはみんなもどってきてうれしかったよ。ありがとうバーバパパ!読み終えると満足感にひたっておやすみのお兄ちゃんでした。環境問題っていうと難しいけど、読み進むうちに親も子もなんだかクリアな心地になれる一冊です。
(ケロポッポさん 30代・ママ 男の子4歳、女の子0歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,540円
1,650円
1,540円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
3,740円
4,730円
550円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

バーバパパのはこぶね

みんなの声(69人)

絵本の評価(4.47

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら