話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
世界の国からいただきます!

世界の国からいただきます!(徳間書店)

世界26か国の食べものを紹介した、楽しい大判絵本!

はらぺこおおかみとぶたのまち

はらぺこおおかみとぶたのまち

作・絵: 宮西 達也
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784790260523

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
日本図書館協会選定図書

出版社からの紹介

ぶたの町を見つけたはらぺこおおかみは、餌にありつけると大喜び。
ところがそこは、おおかみにはとても恐ろしいところで…。

ベストレビュー

もう〜、ここに伏線があったのか〜

 「また、やられた〜!」って、感じです。
 腹ぺこおおかみが、よろよろたどり着いたのがぶたの町。
 おおかみにとっては、餌が固まって待っててくれているようなもの。

 でも、ぶた影すら見えない。
 ラーメン屋さんのディスプレイを見て驚きのおおかみ。
 私たち親子もメニューを見て大爆笑。
 おおかみで出汁を取っているようです(笑)。
 しゅうまい・ぎょうざに至っては、おおかみは身を刻まれる事を絶対想像したでしょうね。
 ここで、お腹がよじれそうだったのに、次の本屋さんのウインドウに飾られた本のタイトルに、またまた引きつり笑いが。
 タイトルを読んだだけで、このおおかみは、この町のぶたがおおかみが好物であると気づきます。
 次の電気屋さんもしかり。
 こうなるとこの町の静けさは、意味が違ってきます。
 彼を狙う静なでも鋭いぶたの視線を警戒せずにはいられません。
 変装してとっととこの町をでようとしたおおかみでしたが……。

 あ〜、面白かった。
 町として生き残る為の、ぶたの知恵に息子賞賛。
 絵本を閉じて、看板を掛け替えているぶたさんが。
 表紙を見直すと、町に入ってきたおおかみを見つめるぶたの目・目・目。
 扉絵を見直して、「もう〜、ここに伏線があったのか〜」って私。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,430円
1,430円
1,540円
1,045円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

770円
1,100円
5,500円
3,080円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

はらぺこおおかみとぶたのまち

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.72

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 35人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら