新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
わたしのうみべ
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

わたしのうみべ

  • 絵本
作・絵: 長 新太
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,540

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784333019595

関連するスペシャルコンテンツ


【長新太没後10年記念連載】 第8回 『わたしのうみべ』担当編集者 小山菜穂子さん(佼成出版社)インタビュー


 【長新太没後10年記念連載】担当編集者&絵本作家インタビュー

出版社からの紹介

私は朝の海辺が大好き。海はいろいろな物を運んでくるから。木やビン……、オバケに怪獣?!ふしぎな物が流れ着く。でも、何もない日もある。それでも、私は毎日海へ行く。海の向こうにはいったい、どんな世界があるのかしら?朝がくるたびに流れ着く物は、海がさまざまなドラマを生み出す、ふしぎな「生き物」であることを物語ります。ページをめくるごとに、ヘンテコなドラマのかけらが打ち寄せられる、この絵本は、ナンセンス作家・長新太が描く、何だかヘンだけど、ふしぎに叙情的な海の詩です。


わたしのうみべ

ベストレビュー

やはり意味を考えてはいけない

長新太さんのナンセンス絵本の中では、これは、なんだか意味がありそうだぞーと思ってしまいます。

でも、やっぱり、頭で考えない方がいいでしょう。
考えだしたら、しようもない陳腐な考えしか、出てこなくて、この絵本の魅力が損なわれそうです。

ナンセンスなのに、どうして、読後感が爽やかで、温かいのでしょう?
長さんの画力によるところでしょうか…
(やまわらうさん 50代・その他の方 )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,210円
1,980円
1,320円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
440円
440円
2,200円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

わたしのうみべ

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら