話題
むげんことわざものがたり

むげんことわざものがたり(偕成社)

好評につき2刷!ことわざがつながって、ひとつの物語になったおもしろ絵本

  • 笑える
  • 全ページ
  • ためしよみ
ふくはうちおにもうち

ふくはうちおにもうち

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: 山本 孝
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年01月
ISBN: 9784265034901

A4変型判/25.0×22.0/32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

節分の夜、男が一人で酒を飲んでいると、外で「さむいよー」と声がする。だれかと思ったら、鬼たちだった。それなら入れと男は誘い、やがて宴会がはじまった。そこへ……

ベストレビュー

にぎやかなのが好きな福の神

「鬼」を辞書で調べると、
「怪力・残忍で恐ろしい生きもの。たたりをするばけもの。
 むごくて思いやりのない人」とある。
よっぽど、鬼って怖いいきものとしてたとえられているんだね。

でも、絵本の中の鬼は、ちょっと違うような気がする。
心優しい鬼がいたり、寂しがり屋の鬼がいたり、気のいい鬼もいたりする。
不思議な世界。
でも、いろんな鬼がいていいと思う。

この絵本に出てくる鬼も、ちょっと変わってる。
遠慮しいで、酒が入ると陽気になり、帰りは礼儀正しく頭をさげて帰っていく。
ほんとに、貧乏なのは鬼のせい?と思ってしまう。

でも、おかみさんはそう思っている。
福の神が、鬼を見て逃げ出そうとした時、
おかみさんは、必死に福の神にしがみつき、
「にげんといてー、いかんといてー、みすてんといてー」と叫ぶ。
涙が出てきた。

その後、鬼たちにまじって、福の神もおかみさんもこどもたちも踊りだし、
どんちゃん騒ぎをしているシーンは、とっても楽しそうだった。

結局、福の神はその家の神棚に座られた。

福の神は、にぎやかな家が好きなんだって。

貧乏でもいい。
家庭が明るければ、福の神も寄ってくるんだろうな。
(多夢さん 50代・ママ 女の子13歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,540円
792円
1,628円
748円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
990円
726円
1,650円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら