話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
ぼくは おおきな くまなんだ

ぼくは おおきな くまなんだ

  • 絵本
作・絵: ヤーノシュ
訳: 楠田 枝里子
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,495

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1979年08月
ISBN: 9784579401116

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 うちのママはおこってばかり。「さっさとスープを飲みなさい! テーブルにひじをつかないで! 足をぶらぶらさせちゃだめよ!」。そんなとき、ぼくは立ち上がって、おまじないを唱えるんだ。「ホークス ポークス ヒンウントへル……」。すると……。

みどころ

 最初のページのママの態度、思い当たるママたちもいるかもしれません。タイトル通り、大きなくまになった「ぼく」。赤い椅子を運びながら、校長先生に命令したり、自動車を運転してみたり、願望を達成していく「ぼく」の行方が気になります。苦笑を提供する出だしから、主人公の願望が描かれるそれ以降の展開は、一体何を表すのか……。大人も子どもも興味津々でページをめくることになるでしょう。ドイツを代表する児童文学者ヤーノシュの人気作品です。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

ぼくは、おまじないを唱えるだけで、大きなくまになれるんだ。なんでもできるぞ! 強いものにあこがれる子どもの心理を描いています。

ベストレビュー

ママに怒られた男の子

有名な絵本『おばけリンゴ』の作者さんの作品ということで興味を持ちました。
ママに怒られた男の子が、へん、ぼくは大きなくまなんだぞ!と空想をするお話です。
一見はちゃめちゃをしているように見えるけれど、まだうまく言葉を使いこなせない子供の、強い意思みたいなものを感じました。
口うるさいママが自分に重なり、ちょっとバツが悪くなりながら読みました。
きっと子どもが読んだら楽しいと思います。
(クッチーナママさん 40代・ママ 女の子18歳、女の子16歳、男の子13歳)

関連記事

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ぼくは おおきな くまなんだ

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら