もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

もりはおもしろランド 9 もりのおべんとうやさん」 みんなの声

もりはおもしろランド 9 もりのおべんとうやさん 作:舟崎 靖子
絵:舟崎 克彦
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1986年
ISBN:9784033133409
評価スコア 4.5
評価ランキング 4,504
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • なぞなぞ

    なぞなぞの大好きなスカンクさんらしく、毎日毎日、スカンクさんが考

    えたなぞなぞが看板に書き出されます。

    スカンクさんにしたら、毎日が楽しくてお弁当を作るよりか楽しみにし

    ていたのでしょう・・・・・

    なぞなぞが融けない人は、お弁当が作ってもらえないかと心配になりま

    す。立場が変われば、スカンクさんもなぞなぞの相手が誰なのか気にな

    って心配しながら、不安になりながら時を過ごします。

    モグラさん夫婦のお陰でそれに気がついてよかったと思いました。

    楽しい仲間の暮らしぶりを知ることが出来て嬉しいわくわくする絵本で

    す。絵もとっても優しいタッチの絵が大好きです。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • おべんとう買うのも大変

    もりのおべんとうやさんでおべんとうを買うのも
    大変です。なぜなら、おべんとうを作っているすかんくさんが
    なぞなぞが大好きだからです。かんばんにまいにち「だれの
    おべんとうか」と、なぞなぞが書き出され、当てるヒトがいないと
    おべんとうを作ってもらえないからです。
    「もりのおはなし」シリーズの9巻目であるこの本を最初に
    読み始めてしまったため、誰のおべんとうやら全然わからない
    私と娘。
    大変ひもじい思いをしました(きっと最初から読んでいれば
    わかるのですよね?)
    でもあることをきっかけに、なぞなぞはもうこりごり、となった
    すかんくさん。それからは普通におべんとうを作るように
    なったのでした。よかったよかった。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気づいてよかったです

    なぞなぞが大好きなすかんくさんが

    おべんとうやさんを開くお話です。

    すかんくというをあまりいいイメージがありませんが

    このスカンクはとっても目がクリクリしていてかわいいです。

    なぞなぞ看板は出し物としては楽しいですが、

    クリアしないとおべんとうにありつけない・・・

    ここが少し切ない。

    アイデアとしてはおもしろいんですが、普通に

    おいしいおべんとうを食べたいという

    みんなの気持ちが伝わってよかったです。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞお弁当やさん

    なぞなぞが大好きなスカンクのお弁当屋さんです。
    「これは だれの おべんとうでしょう?」と、森のなかまをお弁当で表現するなんて、すごいです。
    こちらも一緒になって考えます。

    それにしても、お弁当屋さんなのか「なぞなぞ屋さん」なのか、わからなくなりますね。

    スカンクさんは少し怖い思いをしたことで、「なぞなぞは もう こりごり」とお弁当作りに専念します。

    かわいい絵と読みやすいストーリーで、親子でお気に入りのシリーズです。

    掲載日:2011/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞ!

    いろんな動物さんたちが登場して順番に主役をつとめている《もりはおもしろランド》シリーズ。
    今回の主役は、お弁当屋さんをするスカンクさんです。

    スカンクさんはなぞなぞが大好き。
    毎日看板に貼りだすなぞなぞがとけないと、お弁当にありつけないんですって!!

    毎回ユニークなお店が登場するこのシリーズ。
    文章が長めの絵本といった体裁ですが、しっかりストーリーもあり、絵本から幼年童話への橋渡しにちょうどいい感じです。
    シリーズのどの本から読んでも大丈夫ですが、一冊だけでなく複数読むと、登場人物の背景がどんどんわかってきて楽しいですよ♪

    掲載日:2010/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい森のおみせやさん

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    この「森のおみせやさんシリーズ」最近はまっています。
    でもこのシリーズ図書館では貸し出し中ばかりでなかなか読めません。
    そんな私のために次女が学校から借りてきてくれました(喜)。
    長女は学校で次々読んでいるようですが・・・
    そうなんです!今、我が家ではこのシリーズがブームに。

    女の子ってキャラクター弁当好きですよね。
    うちの娘たちも大好き!!
    このお話の中にも、森の仲間達のキャラクター弁当が出てきて
    娘たちは楽しそうに見ていました。
    そのキャラクター弁当がなぞなぞになっているんですが、
    これがまた難しくてなかなか解けない。

    しばらく娘たちはお弁当とにらめっこしていたんですが・・・
    我が家では最後のかえるさんしかわかりませんでした。
    本を読み終わった後、動物とお弁当を交互に見比べて
    「ほんとそっくり!」とビックリしていましたよ。

    開店したばかりのお弁当屋さんは、
    本業のお弁当よりもなぞなぞばかりでどうなっちゃうの?
    という感じでしたが、美味しいお弁当が毎日できるお弁当屋さんに
    なって森の動物達も一安心ですね。

    次はどんなおみせやさんに出会えるか楽しみです。

    掲載日:2008/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日替わり弁当?

    息子が図書館から借りてきた本です。
    今回は、スカンクさんが開いたお弁当屋さんのお話。
    そのスカンクさんが作るお弁当と言ったら、
    まるで日替わり弁当のように毎日毎日なぞなぞ付きで
    お弁当がかわるのです。
    そのお弁当がよ〜く見て考えるとわかるのですが、
    ユニークなお弁当で、たのしいですね!
    息子はお弁当の挿絵の部分を何度も何度も見ては楽しんでましたよ。
    「ママも今度真似て作ってみたら!」って話してましたので
    お気に入りのお弁当があったのかな?
    その後の展開も、なぞなぞが続き(これは難しかった)ますが
    その部分もおもしろくてお話しも、お弁当も
    両方楽しめるお話しでした。

    掲載日:2008/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回もクスッ

    息子が小学校でシリーズを次々と借りてくるので私も楽しみにしています。

    今回は、なぞなぞ大好きなスカンクさんのお弁当屋さんです。

    スカンクさんは、なぞなぞ好きなので、お弁当よりも、なぞなぞを出してみんなに答えてもらう方が楽しいみたいですね。

    しかも、答えられない場合には、お弁当を作らないなんて、それは困ります。

    オチに笑ってしまいました。

    本業のお仕事そっちのけでなぞなぞでは困りますからね。

    今回も、クスッとさせてもらいました。

    掲載日:2008/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞ弁当

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    いろんな職業と出会える、『もりの・・・』シリーズ。
    只今、2年生の娘ははまっています。
    今回はすかんくさんの弁当屋さん。
    この弁当屋さんかわっていて、なぞなぞが出題され、
    当たればお弁当のプレゼントがあるのです。
    早速、子ども達と必死に考えますが・・・
    かえるさんの弁当しか当たりませんでした。
    いろんな弁当をみて、
    娘「こういう 飾り方もおもしろいね。」と思ったそうです。

    掲載日:2008/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • もりのシリーズ

    他の森のシリーズを読んだ事があったのでこの絵本を見つけた時は知り合いのとも大を街で見かけたくらい嬉しくなりました。なぞなぞが大好きな主人公のアナグマさんがお店をやるなんて大丈夫かな?と思いましたが、大繁盛で良かったです。おいしいお弁当を皆に食べてもらうのは嬉しい事だろうなと思いました。心をこめてお弁当を作る後姿がとても印象的で大好きです。森のシリーズを読むといつもこの森に住みたくなってしまいます。これほどこの森は魅力的です。

    掲載日:2008/01/14

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたんごとんがたんごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ


みんなの声(13人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
サイン本販売中