話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ

おばけのたまごにいちゃん」 みんなの声

おばけのたまごにいちゃん 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2015年01月20日
ISBN:9784790252832
評価スコア 4.45
評価ランキング 10,365
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お母さんのお話が素敵

    かわいらしい「おばけのたまごにいちゃん」が紆余曲折を経て、お母さんの助言によりたまごの殻を脱する成長物語でした。

    たまごにいちゃんのお母さんのお話がとても良かったです。
    お母さんのお話が娘の心にも届いているとうれしいです。

    定期的に繰り返し読みたい絵本です。

    投稿日:2020/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回はちょっと違ったかんじ

    たまご?シリーズが好きな小2な娘と一緒に読みました。これまでは、偶然たまごが割れてしまった….というストーリーが多かったと思うのですが、今回のおばけのたまごにいちゃんは、自分からたまごの殻をわります。このお母さんがとても良いことを伝えてくれるので、少し引っ込み思案だったり、自分に自信がないようなお子さんはぜひ手に取って見てほしい一冊です。

    投稿日:2020/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • にわとりのにいちゃんねえちゃんも!

    「からす」「ぺんぎん」「だちょう」のたまごにいちゃんもありましたが、今回は「おばけのたまごにいちゃん」です。
    「おばけ」というのが斬新で新鮮ですね。
    にわとりのたまごにいちゃんとたまごねえちゃんも登場するのが、シリーズを読んできた読み手には嬉しいですね!

    投稿日:2019/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなと違うから・・・

    おばけなのに、ちっとも怖くないおばけのたまごにいちゃん。
    たまごにいちゃん、というタイトルですが、弟や妹は出てきません。
    代わりにお友達のにわとりにいちゃんとねえちゃんが出てきて物語を展開していきます。

    おばけのたまごにいちゃんのお母さんのセリフがとても長いのですが、
    2歳、5歳の子どもたちはとても真剣に聞き入ってる様子でした。
    そのセリフの時、わが子が二人同時に私に寄り掛かってきたので、何か感じるものがあったのでしょう。

    そういう時間が、子どもを成長させてくれていると思います。

    投稿日:2017/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしく、かわいいおばけに

    たまごにいちゃんの、おばけバージョンでした。
    にわとりのおにいちゃんとにわとりのおねえちゃんが
    協力者ですが、なかなかこわいおばけにはなれそうもありません。
    おかあさんが、とてもやさしそうなおばけです。
    そして、たまごにいちゃんを励ます言葉が素晴らしいです。
    お母さんの愛に満ちた言葉で、卵はなくなりました。
    すごいです。やっぱりきれいなやさしいおばけ。
    にわとりのおにいちゃんもおねえちゃんもちょこっとくっつけていた殻と
    さよならをしました。

    投稿日:2017/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分らしさが一番!!

    たまごにいちゃんシリーズは、とても楽しくて、かわいらしいので、
    あきやまただしさんの絵本の中でも、大好きなシリーズです。
    おばけのたまご???と思いますが、実はそれには理由が
    あるんです。
    自分の姿に自信のないおばけが、かってに殻を作ってしまった
    んです。
    それを優しく受け止めるおかあさんおばけが、素敵なんです♪
    殻からでてきた、かわいらしいおばけに注目の1冊です!!

    投稿日:2015/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありのままでいい

    図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

    今回のたまごにいちゃんは全然怖くない、かわいらしいおばけ。
    誰にも驚いてもらえないことに悩むおばけのたまごにいちゃん。
    そんなたまごにいちゃんに、優しくおかあさんが言います。
    「心配しなくてもいいのよ。もちろんそれでいいの。」

    今回たまごにいちゃんがかぶっているのは「常識」という名の殻。
    「あなたはあなたのままでいい」というメッセージが心に焼き付きました。

    今回のお話も、親子ともにぐっとくる内容です。
    あんまり小さい子よりは、むしろ親と思春期の子供たち向け?
    なんて思ってしまいました。

    ありのままの子供たちを受け入れる環境を作るのは大人なんだということを
    改めて認識させてもらいました。

    このシリーズは、子育てに悩んだときに親が読むとぐっときますね。
    子供たちは子供たちなりにいろいろ悩み、考えているんだと
    ハッとさせられます。

    今回も考えさせられました。

    投稿日:2015/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • そのままでいい!

    怖いおばけでなくても「そのままでいい!」と思いました。個性があって自分は自分なのだと言われているようなので、なんだかほっとします。慰められているかもしれませんが、焦らなくても今のままがいいと思うし、ちょっと勇気をもらったような気持ちになれました。あきやまさんのメッセージが込められていて優しいなあと思いました。

    投稿日:2015/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なメッセージが詰まってます。

    6歳5歳の娘たちに購入。2人ともこのシリーズが大好きです。今回はおばけのたまごにいちゃん。おばけなのに、全然怖くなくて。にわとりのおにいちゃん、おねえちゃんが何とか怖く見えるようにと頑張っても、もっと可愛いおばけになっちゃったり。娘たちは大笑い。悩んでる途中におばけのママが登場。ママは「こうじゃなきゃいけないって決まっていることなんてないのよ」と言い…。「そのままでいい。そのままがいい。ありのままが1番」というメッセージが入っていて、親の方がこういう親でありたいなと反省しました。

    投稿日:2015/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけもたまご?!

    シリーズ15冊目とのこと、びっくりです。
    いろんなたまごにいちゃんが出てきたもんだと
    感心!
    今回はおばけ!!びっくりしました。
    でも、すごくかわいいおばけ。
    助けてあげるにわとりのおにいちゃんと
    おねえちゃんが、それぞれ
    おしりとあたまにまだ殻がついているっていうのも
    なんだか意味深って思いました。
    子どもの成長を見つめ続けて15冊目、
    それぞれにメッセージがあって目が離せないシリーズです。

    投稿日:2015/01/17

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆきだるまの クリスマス!
    ゆきだるまの クリスマス!
    作:キャラリン・ビーナー 絵:マーク・ビーナー 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    絵の中にネコやサンタ、いろんなものが隠れているよ!探してみてね!


装丁も新たにボードブックとして登場した、レオ・レオーニの名作『あおくんときいろちゃん ボードブック』

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット