うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

さけが よんひき」 みんなの声

さけが よんひき 作:最上 一平
絵:喜湯本 のづみ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年09月10日
ISBN:9784790252962
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この絵本の作者の方が、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    私と同じ山形県民と知り、私はこのお話をますます好きになりました。「まだおらもだれかのやくにたっている」この言葉がとても印象的でした。誰の役にも立たなくなった時が私の死に時だな、そんな事を思いながら私はこの本を閉じました。非常にいい絵本です。

    掲載日:2017/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話では、優しいおじいさんと業突く張りなおばあさんという組み合わせで登場することが多いんですが、こちらとっても優しい現代のおばあさんのようです。

    一人暮らしのおばあさんが、川の近くの畑で野菜を作っていました。
    夏、食べ頃になったであろう野菜を採りに行くと、ないんです。
    たぬきかな?いたちかな?くまかな?
    一人暮らしだから、植えた野菜も食べきれないし、誰かが手伝って食べてくれれば、有り難いって思うおばあさん。

    ある日の夕方、そこにいたのはカッパ。
    腰が抜けそうになりながらもこっそり様子を見て、くすっと笑いました。

    自分のような年寄りでも誰かの役に立っていることが、嬉しそうです。

    それからというものおばあさんは、きゅうりやトマトをほんの少ししか採らず、カッパのために残しておくようになります。
    そして、柿の木の陰からこっそりのぞいています。
    おばあさんの「もっと もってけ。・・・・・・」の言葉がとってもあったかいんです。
    たくさん食べさせてやりたい親ごころのようなものですね〜。

    夏が過ぎ、秋が深まるとカッパはやって来なくなりました。

    ある日、おばあさんの家の戸がトントンと叩かれて、・・・・・・。

    最後のカッパ一家の表情が、愉快です。

    巻末の最上先生のおはなしにもとても共感できました。

    掲載日:2015/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとっても個性的!
    なんとも性別がよくわらかないおばあちゃんです。
    が、見ているうちに愛着が湧きました。
    カッパの姿がまた個性的で、
    娘はちょっとびっくりしていました。
    クセになりそうな絵ですね。
    表紙から、どんな話か想像できませんでしたが、
    心がほわんとあったかくなるお話でした。
    意外と鮭の絵が上手でした!

    掲載日:2015/09/08

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット