にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

茶畑のジャヤ」 みんなの声

茶畑のジャヤ 作:中川なをみ
絵:門内 ユキエ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年09月30日
ISBN:9784790233107
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スリランカへ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    いじめから逃げるように祖父の誘いに乗り、スリランカ旅行をする周。
    スリランカの歴史、内紛、民族差別等を知り、自分と比べて考えたりします。
    知ることで争いが悲しみが減ればいいという思い。
    周にとってここでの体験はとても大きなものになりましたね。

    掲載日:2016/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさん想像できる人は

    カバーの「たくさん想像できる人は、人を殺さない。悲しみが想像できるから」という言葉が印象的です。

    いじめをきっかけに祖父の住むスリランカへ。

    スリランカでの生活、人、文化に触れて周の心が次第に変化していくところや、今まで知らなかったスリランカの悲しい歴史を知り心が痛みました。

    カバーで書かれていた言葉の意味も。

    主人公が11歳なので、高学年以上が対象かな。

    違う文化に触れて自分の今の立ち位置を見つめることってあるなあって思います。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本人が主人公!

    このシリーズは、海外児童文学(翻訳もの)っていう
    認識だったのですが、
    これはなんと、日本人作家さん!
    しかも、大好きな中川さんなので
    飛びつきました!
    日本人が主役だけど、舞台はスリランカっていう
    お話でした。
    主人公の心の動きがしっかり描かれていて、
    ぐーっと引き込まれました!
    日本にも茶畑あるじゃないですか、だから
    なんとなく想像しながら読みました。
    挿絵もよかったです。

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界傑作絵本に、英語と日本語の音声CD付きが登場!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット