うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

くじらさんのーたーめならえんやこーら」 みんなの声

くじらさんのーたーめならえんやこーら 作:内田 麟太郎
絵:山村 浩二
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年10月10日
ISBN:9784790253020
評価スコア 4
評価ランキング 19,576
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 氷山の活用法

    まあ、題名のイメージ通り、まったり楽しむ作品だと思います。
    海の真ん中に突如出現する、クジラ。
    それにしては水面上に?
    なんとその前にぎょうさんの!ペンギンたち。
    おや、後ろに控えていたアザラシたちも一緒に、海に飛び込み始め、
    彼らのいた氷山が浮き上がります。
    次は、トド、シロクマまで!?
    ここまでくれば、何となく、次の展開は読めますね。
    何のことはない、クジラの念願が叶うというわけです。
    うーん、この展開、科学的には正しいのでしょうか?
    みんなのクジラさんのためを思う気持ちがうれしいですが。

    掲載日:2016/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵本の表紙を広げてみると・・・

    内田さん作品だ!
    図書館新刊コーナーにありました

    三輪さんの歌じゃないけど
    だれかのために
    何かをするって、いいことですよね!?

    ペンギンさんたち、いっぱい
    ん?
    トド?
    あらら・・・
    白熊さんいっぱい・・・・

    え〜っ!!

    そうなんだ

    温暖化のこともなんとなく絡んでいるのかな?
    とか深読みすることなく(笑
    単純に、楽しめます

    だって、いろんな格好しているんですよ
    みなさん

    で、オチも現実ではありえないところが
    またナンセンスでいいじゃないですか

    頭を柔軟に
    心も広く、柔軟にーの作品かと思います

    文字も少なくっていいし
    山本さんの絵もぴったりです

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • じわじわはまります

    • ccさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳

    山村浩二さんの絵が大好きです。
    最初読んだときは、私も子供も??でした。

    でも、何回か読むと、その不思議さにじわじわはまります。
    海の中でこんなことが起きてるなんて。
    絵の雰囲気や動物たちの表情が可愛いです。

    くじらさんのたーめならえんやこーらの音にもはまり、
    子供がしょっちゅう歌ってます。
    子供の想像力が膨らむようで、
    海の生き物たちってこんな遊びしてるかなぁなんて、話してます。

    掲載日:2016/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんだろう

     くじらさんの夢をかなえるために、くじらさんよりもずっと小さな動物たちが、みんなで力を合わせます。
     最初から少しトリッキーな出だしです。正直ここで「えっ」と思ってしまい、後はそれをずっと引きずって最後まで乗り切れなかったという感じです。
     どうしてみんなが「じらさんのためなら」と思ったのでしょうか?シャチと違ってオキアミしか食べないクジラさんは、他の動物たちにとっては「大きいけれどやさしい仲間」なのでしょうか?あと、最後、いくらなんでも氷山の下にタコはいません。なんか絵も描き方が雑に感じます。

    掲載日:2015/11/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • うーん、なんだ?
    何してるんだ?っていうのが、最初の感想でした。
    子どもたちも、最後まで見ても
    「?」でした。
    でも、もう一度読んだら、
    あー、なるほど!ってわかりました。
    ラストのたくさんのタコさんがとってもすてき!
    こんなこと、海でおこってたらおもしろいねえって
    親子で話し合いました。
    アニメーターならではの、動きのある絵で
    何度も見たくなります!

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 解釈がむつかしい。

    いろんな絵本を読んできましたが、
    こちらの絵本は どう解釈したらいいのか、
    何を訴えているのか、よくわかりませんでした。
    大きなくじらのために 多くの小さいものが力を合わせて
    頑張っているお話だと考えたらいいのでしょうか?
    それとも答えはなく読み手によって想像力を
    働かせていくものなんでしょうか?
    いろいろと考えてみることができるお話だと
    思えばいいのかなぁ。。
    普段 私が読んでいる絵本とは
    タイプが違うと思いました。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく考えてみれば、ペンギンさんとシロクマさんが一緒にいるのは不思議です。
    よく考えなくても、あり得ないお話ですが、理屈抜きに楽しい絵本です。
    タコさんたちには頑張ってもらって、読み聞かせに使いたいと思います。
    ヨイトマケのメロディーに合わせて、笑顔を集めてきたいと思います。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / バムとケロのにちようび / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



楽しく手品を覚えて世界一のマジシャンを目指そう!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット