話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

はるの ごほうび」 みんなの声

はるの ごほうび 作:内田 麟太郎
絵:村上 康成
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2018年03月
ISBN:9784790253556
評価スコア 4.25
評価ランキング 19,980
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「春はあけぼの。」
     有名な清少納言の『枕草紙』の書き出しです。古典で習いました。
     続く「やうやう白くなりゆく、」あたりまで覚えている人もいると思います。
     一方、こちらは漢詩。
     「春眠暁を覚えず」、孟浩然の作。漢文の授業で習いました。
     清少納言は早起きで、孟浩然は気持ちよくてなかなか起きられなかったようです。
     いずれにしても、春は気持ちのいいものです。

     ブタが空に浮かんでいても、ネコが浮かんでいても、カエルもタヌキも、クマだって浮かんでいても、ちっともおかしくない。
     だって、春ですもの。
     内田麟太郎さん作のこの絵本には、春の気分が満載です。
     なんといっても、村上康成さんの、ほんわかした絵がいい。
     ページを開くだけで、春がこぼれてきそう。
     早起きしようが、いつまでも起きられなくても、町に出てみると、誰でも空に浮かびそう。
     でも、どうしてみんな空に浮かぶことができたのでしょう。
     その答えを、こいのぼりが教えてくれました。
     はるかぜをおなかいっぱい吸い込むのだとか。

     「だれだって もらえる はるの ごほうびです。」

     外出もままならない、コロナ禍の時代。
     せめて絵本をひろげて、はるかぜをいっぱい吸い込んで、空に浮かんでみたいもの。
     誰でももらえるごほうびなのですから。

    投稿日:2021/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • はるのそらに

    はるのそらに、
    ぶたさんが、ねこさんが、かえるさんが、たぬきさんが、くまさんが、みんなみんな浮かんでいます。
    でも、牛さんだけが空に浮かべないので、こいのぼりに聞いてみました。
    さて、そのわけは?
    ふわふわと空に浮かんでいる姿がかわいらしく、とても気持ちよさそうです。
    早くこんな暖かい日がきてほしいですね。

    投稿日:2021/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 柔らかい雰囲気と優しい日本語。
    とても素敵な雰囲気をもつ絵本です。
    こいのぼりが出てきますが、がっつり『由来』とか『端午の節句とは』のような感じではなく、こどもを包み込む親の温かさを感じられるような絵本でした。
    ゆったりした空気の中で穏やかな気持ちになり自分へのごほうびになりました。

    投稿日:2020/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / どしゃぶり / ちび竜

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット