新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

となりのたぬき」 みんなの声

となりのたぬき 作・絵:せな けいこ
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1996年
ISBN:9784790260707
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,862
みんなの声 総数 41
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 勇気を出して試してみては

    うさぎとたぬきは仲が悪いです。

    顔を合わせれば喧嘩ばかりで、うさぎが大っきらいとさけんでいると、お月さまがかわった提案を持ちかけてきました。

    一か月だけ、たぬきさんにうんと優しく出来たなら、一ヶ月後、うさぎの代わりにお月さまがたぬきをぼこぼこにし、こらしめてやると…。

    うさぎは一か月だけだからと我慢してたぬきに優しくしました。

    するとどうでしょう。

    たぬきさんの気持ちがかわっていったのです。
    うさぎはいいやつだ。 あいつの為ならなんでもしてやると!

    うさぎは想像していなかった事がおこり戸惑っています。

    一か月たった時、うさぎは何と言ったでしょうか?

    私たちもこんな風にできたらいいですよね。  

    お月さまが言ったようにするのはなかなか難しく勇気がいる事ですが試してみる価値あり ですよね。

    ひょんなことから友達に。なんて素敵なことになるといいな。

    投稿日:2011/11/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • 北風と太陽を思い出した

    一、二年生のクラスで読み聞かせた。
    友達と仲良くする方法って、以外と簡単だったんだね。
    いじわるな子にも、めげずにどんどんやさしくしてれば
    きっといつか分かってくれるよ。
    本当は、だれでも仲良し子良しで楽しく遊びたいんだよ。
    きっとそうだ!大人もそうだよね。
    高齢者のいきいきサロンでも読みたいなあ。

    なんだか一瞬、「北風と太陽」を思い出した。
    旅人のオーバーを脱がせる競争をしてた北風と太陽。
    強風でオーバーを吹き飛ばそうとしても旅人は、
    寒いから益々オーバーをしっかり押さえて飛ばされないようにする。

    太陽は、かんかん照りに暑くしたら、旅人は大汗かいて簡単に
    あっさりオーバーを脱いでしまう話。

    当たり前の事?と反対にすれば、嫌がらせと反対に
    うんと優しくすれば万々歳、一件落着でござる。
    大人こそ絵本を読んで初心にかえって子供の心をとりもどしたい。

    投稿日:2011/08/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • オトナにこそ読んで欲しい一冊。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    お互いに嫌いあってるうさぎとたぬき。
    うさぎが月にたぬきの呪いをかけると、
    「一ヶ月だけ、たぬきにとっても親切にするように」との
    条件が出されます。

    頑張って1ヶ月間、せっせとたぬきに尽くすうさぎ。
    そしてたぬきの態度も軟化してきて、お互いに友情が芽生える二人。

    ちょっとこのあたりで思わず泣きそうになりました。
    思いやりって言うのは本当に、必ず伝わるものなんですね。

    いつまでも相手の態度や言動を言い訳にしてないで、
    まずは、自分から。
    こんな簡単な、でもとっても難しいことが、
    うさぎとたぬきを通して描かれていて、
    ぐっときます。
    最後のうさぎの涙も、ジーン。。。

    オトナにこそ読んでほしい一冊だと思いました。

    投稿日:2015/09/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • お月さまとお話

     親切にされれば相手を好きになるのは当たり前。嫌いな相手こそ,心遣いをすることで本当の友達になることができます。簡単でいて奥が深いお話です。大人の自分も心がけなくてはと思わせてくれます。
     1か月の間と言うのがミソですが,気がつくかな?

    投稿日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 教訓に

    仲の悪いうさぎとたぬき。
    うさぎはお月さまにたぬきをぼこぼこにしてほしいと
    願います。そこでお月さまは約束を叶えるために、
    「1ヶ月たぬきにやさしくしなさい」
    うさぎはたぬきに一生懸命やさしくします・・・

    憎らしくても相手に優しくすれば、
    相手も優しくなるよ、という教訓ですが、
    読んだ後、なんだか昔この話聞いたことあったのかも?
    と懐かしい気持ちになりました。
    絵本で読むとほほえましく「そうだよね〜」と納得する
    簡単なことなのに、なかなかできないこと。
    たまにですが、自分がイラッとしていると主人に
    優しくできない自分に気がつき、そんな時は
    この絵本を思い出そう!と思ったりしました…反省です。

    投稿日:2012/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • なかよし

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    いつも喧嘩ばかりのうさぎとたぬき。

    お月様に言われて優しく振舞ううちに、お互いの良い所を認め合うようになり、仲良しに。

    最後はお月様にたぬきをこらしめるのをやめて欲しいこ懇願するうさぎ。

    理解しているのかしていないのか、楽しそうに聞いていました。喧嘩しているシーンが気に入ったようですが、いいトコあるんだなぁってところで、「どうしたの?喧嘩しないの」と聞くので、解るように説明してみました。「仲直りできてよかったね」と言うので、なんとなく理解は出来たようです。

    1ヶ月位毎日毎日読み続けていました

    投稿日:2010/07/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 身につまされます

    嫌いな人にこそ、やさしくするなんて、しようと思ってもなかなかできませんよね。
    子どもに読みながらも、私が身につまされる思いでした。
    また、お月様の存在もとっても素敵。
    人間関係に悩んだときは、この絵本のことを思い出すと、ちょっと優しい気持ちになれるかもしれません。

    投稿日:2007/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 考えさせられる一冊です。

    せなけいこさんの絵本が大好きな4歳の息子に読みました。
    自分で図書館で見つけて持ってきました^^

    きらいな、きらいなたぬきを、お月さまがやっつけてくれるというので、うさぎはお月さまとある「約束」をして・・・

    意地悪なタヌキが大っ嫌いなウサギのお話です。
    「相手は自分を映す鏡」なのだな、と考えさせられた一冊です。
    4歳の息子にも親切にしたら自分にもきっと返ってくるよ。と教えることが出来ました。

    もう何冊読んだか分からないくらい、せなけいこさんの絵本は読んでいますが、また読みたいと思います

    投稿日:2023/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • まずは自分から!

    これはー、なんとも耳が痛いお話でした。
    仲が悪いうさぎとタヌキ。
    ある日うさぎはお月さまに、タヌキをこらしめたいと言うと、1ヶ月間たねきにうんと親切に出来たら、タヌキをこらしめてもいいと言われます。
    約束通り、タネキに親切にするうさぎ。
    すると、タヌキは、うさぎっていいやつだったんだなぁと思い、周りの友達にも、うさぎはいいやつだからうさぎの為ならなんでもする、なんて言っているのを、うさぎは聞いてしまいます。
    1ヶ月経ち、おつきさまが約束を守ってくれようとしますが…。

    人を変えることって難しいけれど、自分なら?
    もちろん大変なことではありますが、自分からすすんで優しくすれば、相手も分かってくれて変わってくれるのかも。
    そして、これは最近子供たちに怒ってばかりの子育てをしている私にも当てはまることなんじゃないかなぁと少しギクっとしてしまいました。
    まずはわたしから!頑張ろうと思います。

    投稿日:2020/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良くなれてよかった

    隣のたぬきが嫌いだ。大っ嫌い!

    たぬきの方もうさぎが嫌いのようです。

    お月様に、1か月だけたぬきに親切にしてやることが出来たら、

    たぬきをやっつけてあげると約束しました。

    次の日から、うさぎは、たぬきに挨拶も気持ちよくしたり、

    散らかっているからと掃除をしたり、お団子をおすそ分けしたりし

    ました。たぬきは、威張っていろんなことを命令しましたが、うさぎ

    は、たったひとつきだけだから、「はい はい」と、なんでもしてやり

    ました。そうすると、たぬきの方も、うさぎが、いいやつだと

    認め、お芋を焼いて待っていてくれたり、服をくれたり、お土産を

    買ってくれたりする仲になってました。

    たぬきは、友達にうさぎのよいことを話すようになって、うさぎは

    おつきさまとの約束は、たぬきのために涙をみせるようになって

    仲良くなれたお話でした。とても仲良くなれる方法が描かれて

    いてよかったです。

    投稿日:2019/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

41件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

みんなの声(41人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット