クリスマスのかくれんぼ クリスマスのかくれんぼ
作・絵: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
大人気!「これなあに?かたぬきえほん」のスペシャル版です。ツリーやトナカイなどクリスマスのいろいろがいっぱい登場します。

紙芝居 ごんぎつね」 みんなの声

紙芝居 ごんぎつね 作:新美 南吉
絵:諸橋精光
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\3,800+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784790261063
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,766
みんなの声 総数 4
「紙芝居 ごんぎつね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ごんぎつねの心理描写

    しみじみとしたお話ですが、24枚という多めの中で登場人物の心理の動きがくっきりと描かれていると思います。
    ごんぎつねのいたずら心を悔いてやまない気持ちと、それをわかることができない兵十の気持ちの食い違いが、ごんの死で結びつくのですが、切なさいっぱいです。
    兵十の気持ちは複雑ですが、ごんは兵十の言葉で救われて息を絶えるのでしょうか。
    深みのある紙芝居だと思います。

    投稿日:2018/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ごん、おまえだったのか

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    好きなお話。
    紙芝居で。
    兵十のために食べ物を届けるごんぎつね。
    それを知らない兵十はごんをいたずらぎつねだと思っています。
    ラストが何度読んでも切ない…。
    年中さんで聞けるかなー?と思いましたが、思いのほか聞いてくれました。

    投稿日:2016/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悲しい…

    児童館の会があってこれが採用されてました。覚えてるような覚えてないような…親も楽しみにしていったのですが、こんな結末だったのか。思わずほろり。読んでる人の声も切なく兵十の「ごおおおおん」って呼ぶ声が今も耳を離れません。子供もかわいそうだね、って悲しそうでした。
    絵本と違って、紙芝居もいいですね。子供みんな真剣な表情で聞き入ってました。

    投稿日:2009/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 改めてジ〜ン…

    お話会で読まれたこの紙芝居。
    2歳半の娘には長いかなーと
    心配していましたが、
    じーっときいていました。
    飽きてきたら途中でお話会
    退散かと心配していたのですが、
    そんな心配ご無用でした。
    絵本でもいろんなごんぎつねが出ていますが、
    このお話はいつ聞いても心をうたれます。
    なんとも悲しいお話です。
    大勢でじっくり聞くには紙芝居も
    いいなと思いました。
    絵も、わかりやすく、迫力があるので、
    引き込まれました。
    いっしょに聞いていた親たちも
    しんみりしていました。

    投稿日:2009/05/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット