話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

うしはどこでも「モ〜!」」 みんなの声

うしはどこでも「モ〜!」 作:エレン・スラスキー・ワインスティーン
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2008年12月
ISBN:9784790251934
評価スコア 4.58
評価ランキング 5,426
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ホントかな?

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    見た目は、小さい子に読んであげたくなるようなかわいさですが、6年生のクラスで読んでみました。
    犬やかえる、あひるやにわとりの鳴き声が外国語だとどう表現されるのか。同じ人間の耳で同じ動物の鳴き声を聞いているのに、ところかわればとらえ方がこんなにちがうんだ!という発見におどろきます。
    でも、この絵本のおもしろいところは、紹介される動物が変わるタイミングで うし のページが何度もはさまれているという点。「またか!」「わかってるがな!」みたいな独り言が、聞こえてくるようでした。(実際には静かに聞いてくれましたが)
    6年生になると、このようなかわいい絵の絵本は、幼いなあって思われそうでしたが、外国語の勉強にもなるし、語学学習といってもそれがみんなが知ってる動物の鳴き声の紹介というところで、かなり聞き入ってくれたと思います。

    投稿日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    2
  • テンポがいい

    ユーモラスなうしの表紙にひかれて読んでみました。いろんな動物の鳴き声が、国によって違う。よく考えたら、動物は同じなのに、不思議だなあと。そして、うしがいい感じではさまってくるテンポのよさ。とてもおもしろかったです!

    投稿日:2023/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牛以外が面白い

    なるほど!と勉強になった一冊です。タイトルからなんとなく想像はついていたのですが、牛以外の他の動物の鳴き声の多様なことに驚きました。鳴き声は確かに同じはずなのに、それを表現する国の人によって異なるなんておもしろいですね。

    投稿日:2023/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁まで(笑)

    インパクトのある表紙に惹かれて手にとった一冊です。
    それぞれの動物の鳴き声が4ヶ国語で表現されています。
    この絵本を読んで牛はどこの国でも「モー」なんだという事でした。
    関西弁でお話が進行していくのも面白みがあって良いと思いました。
    子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    投稿日:2022/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンポよく、楽しい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子10歳、女の子8歳

    イギリスのいぬは「バウワウ」スぺインは「グァウ」フランスは「ワウ」日本は「ワン」
    同じように鳴いているのに、国によって違う音としてとらえていることがおもしろい。
    でも、牛はどこでも「モ〜」。
    短いリズムで同じフレーズを繰り返しているので、テンポよく、楽しく読めました。

    投稿日:2021/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牛だけなんだ

    動物の鳴き声の聞こえ方が、国によって違いがあるというのは知っていましたが、牛だけはどこでも、モー、なんですね笑。それは初耳でした。
    でも、どうして牛だけなんでしょうね。

    たびたびちょうどいい間合いで現れる牛のドアップ、来るぞ〜と分かっていても何だか笑ってしまいますね。

    投稿日:2021/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絶妙な関西弁

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    異文化理解としてもいいと思うのですが、
    それが「へ〜」だけにならないのは、
    この絶妙な関西弁のおかげなんでしょうね。
    ノリもいいし、ほんとに面白い!
    落語を普段に取り入れられたらいいのでしょうが、
    ちょっとそこまではできていません。
    でも、こういう笑いのセンスをうまく取り入れて行けたら
    いいなあと思いました。

    今度、日本語学校の学生にも
    関西弁紹介として読んでみようかな〜

    投稿日:2021/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなそれぞれ似ている

    どうぶつの鳴き声をマネする時、国によって少しづつちがうのは
    面白いなあ、、と昔から思っていたのですが、
    やはり絵本になっているのですね。
    にわとりの擬音語などは、かなり特徴があって面白いです。
    声に出してそれぞれ言ってみると、どれも正しいように思えてきますね。
    特に、コッコリコー!はコクリコの花を思い出して、可愛いと思います。

    投稿日:2018/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6年生の読み聞かせで

    動物たちの鳴き声は、世界各国で違うもの。でも牛はどこでもモー!なんだとか。いろんな鳴き声が飛び交って、賑やかで楽しい絵本です。
    主人が、6年生の読み聞かせで、こちらの本を読みました。
    ちょうど関西弁の語り口なので、大阪出身の主人が読むと雰囲気が出るようで、盛り上がったようです。
    小さい子から小学校高学年まで楽しめる絵本だと思います。

    投稿日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 国によって

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    国によって動物も鳴き声がいろいろ違うんだなーと面白かったようです。
    「うしはどこでも『モ〜!』なんだよ」と得意そうに父親に言っていました。
    わたしもやっぱり日本の鳴き声以外は馴染みがなくて、そうなんだーと面白かったです。

    投稿日:2016/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット