なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…

コッコさんのともだち」 みんなの声

コッコさんのともだち 作・絵:片山 健
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1991年04月
ISBN:9784834004359
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,776
みんなの声 総数 61
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

61件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • ほどけていく心の動きの描写が見事!

    あと数か月で入園予定の2歳の息子に読みました。
    新しい友達の作り方がわからず、庭のすみっこで寂しそうにうつむいているコッコさん。
    内気な性格でいつも私の後ろに隠れているうちの子になんとなく似ています。
    どうしても仲間に入れずに、ハンカチで溢れる涙を拭いているコッコさんに息子を重ね合わせて、読みながら目頭が熱くなってしまいました。
    似た雰囲気を持つ友達を見つけて、ニッコリほほ笑みあっている場面では思わず拍手!
    子ども達は自分に合う仲間を探す能力が大人よりも優れているのかもしれませんね。

    「するとだんだんうれしくなって
     もっともっとうれしくなって
     うんとうんとうれしくなりました」
    気の合う友達を自分の力で見つけた喜びが素直に伝わってくる素敵な文にも感動します。
    たくさん遊んで、ケンカもして、たくさん心が成長したコッコさんはもう一人じゃない!
    来るべき息子の集団生活への不安が少し解消した気がします。

    掲載日:2009/09/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • おんなじだ

    この本のこっこさんは私とおんなじ
    保育園の時の私とよく似ています
    仲間に入って一緒に遊びたいのに
    「い〜れ〜て〜」って言い出せなくて
    その時の寂しい気持ち 思い出してしまいました

    今うちの息子も保育園に行っています
    恥ずかしいという感情が出る前から通っているので
    友達とも普通に遊べていますが
    もしポンと知らない世界に入れられたら
    きっとコッコさんのようにモジモジしてじまうんじゃないかな
    私の子供だし

    友達の大切さや
    友達の作り方を身をもって経験で覚えていくのが
    子供時代ですね

    掲載日:2007/05/17

    参考になりました
    感謝
    2
  • シンプルに心に響きます

    • たっちママさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子4歳

    コッコさんシリーズ、ハズレなし。
    お兄ちゃんの小さい頃から時々読んではいましたが、コッコさん女の子なもんで。あまり親近感がないのか息子はあまりはまりませんでしたが。
    娘はどハマりです。
    ちょっと無愛想に描かれたコッコさんが、なんともよくふてくされている娘とダブります。
    今回のコッコさんはお友達ができるまでです。
    1人でいるもの同士が仲良くなる、シンプルなお話ですが、そのきっかけが服の色なとことか、仲良くなって終わりかと思いきや、喧嘩して、喧嘩するからこそ他の子とも遊べるようになって、そしてやっぱり2人の楽しさもあって、という本当に友達ってことの本質を描いている気がしました。
    今、まさに仲良しのお友達と始終喧嘩しちゃー仲直りしている娘。喧嘩できるってことの大切さも噛み締めてくれたかな?

    掲載日:2017/03/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心情がよく描かれています!

    「コッコさんシリーズ」,幼い子供たちはとても共感できるシリーズではないでしょうか。
    この1作目が特に,保育園児や幼稚園児にはぴったりですね。
    コッコさんの心情やその変化が本当によく表現されているお話でした。
    入園前などにいいかも知れませんね!

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • ともだちって・・・

    • りじりさん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子3歳、男の子1歳

    大人しくて、友達がいなかったコッコさんが友達をつくり、クラスにとけこみ、けんかしながら、友達との絆を深めていくお話です。
    それをおおげさな書き方でなく、短く、でもより選りの言葉で綴られています。大人には(こどももかな?)コッコさんの心の声が伝わってくるような本です。服の色が同じで、でも声をかけるのではなく、服を触って意思表示をするのがなんともほんわか、かわいらしいです。自分の息子も保育園です。特別なおともだちはまだいないようですが、もし一人になっても力強い味方になってくれる本だと思います。
    コッコさんシリーズはどれもほんわかあったかいですが、息子も私も一番好きな本です。

    掲載日:2009/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供の世界とは?

    子供の視点から、友達づくりを表現している本です。ちょっとした事がきっかけで子供は友達を作れるんだ、ということが分かる本です。内気な娘を持つ親としては、この本を読み聞かせながら、ちょっと安心してしまいました。コッコさんは友達とけんかして、どういう風に感じたのか?ということが短い文章で上手に書かれています。幼稚園・保育園などに通われているお子さんにはぜひ!

    掲載日:2008/03/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • うちの子と一緒です。

    • こぐまんさん
    • 20代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子4さい

    うちの子は保育園であったことをなかなか話してくれません。友達がいないんやろか。って不安になった時期がありました。迎えに行ったら独りで居るし。先生に聞いたら 絵本は好きなのですが。って言うんです。そのときこの絵本を見て元気になりました。絵は みんながみんな声をそろえて綺麗な絵とはおっしゃらないでしょう。でも一度読んでみて下さい。すごく共感出来る部分があります。この本に元気をもらいました。最近はうちの子と一緒に遊んでくれる子がいます。片山健どうも 有り難うございます。

    掲載日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • しんけんに

    こっこちゃんはいつもひとりぼっちなかなかおともだちができません、そんなこっこちゃんを真剣に娘は見て険しい顔をして聞いてくれます。こっこちゃんがお友達とあそぶようになるとなんだかチョッと嬉しそうな顔をして私に合図を送ってきます。2歳なのにわかるのかな??と私は思うのですが、なんだか感じるみたいです、すっかりこっこちゃん好きになってしまいました。

    掲載日:2007/02/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんな風に歩いてゆくのですね

    コッコさんとあみちゃんが、もじもじしながら、
    同じ色のお互いのお洋服を触り、手をつなぐところは
    にんまりしてしまいます。
    一人ぼっちの不安が、ふっと消えて
    ちがう出口が見えて、陽がさして明るくなるのでしょうね。
    嬉しい暖かな色。
    そして、また更に扉をくぐってゆく様子が
    読んでいて、安心感につながってゆきました。

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友だちの第一歩

    友だちのいないひとりぼっちのコッコさんが、似たものどうしの子と友だちになりました。
    似たものどうしは仲よしですが、ケンカをすることもあります。
    いつのまにか、園のみんなと友だちになっていました。
    友だちってこうしても出来るのかも知れませんね。
    友だちの大切さをいつまでも忘れずにいてほしいですね。

    掲載日:2018/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

61件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



主役は、はたらく車。たのしい刺激がつまったしかけ絵本

みんなの声(61人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット