オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

こんとあき」 みんなの声

こんとあき 作:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1989年06月
ISBN:9784834008302
評価スコア 4.88
評価ランキング 16
みんなの声 総数 436
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

436件見つかりました

  • 現実とファンタジー

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    子供が林明子さんの絵本が好きです。これもすごく評判が良いので読みました。

    期待通りハラハラドキドキするお弁当のシーン、砂丘の出来事、またほっとするおばあちゃんの家でのひとときと十分に楽しめるお話です。
    また、電車がゆれたときのあきなんか本当に今にも出てきそうなくらいリアルにかわいくてびっくりしました。
    林明子さんの絵本の中でもこの本の人物の絵が特に素敵だと感じました。

    ただ、このお話は現実的な部分とファンジックな部分が入り混じっていて、そういうところがうちの子にはいまひとつ感情移入できなかったようです。(ファンタジーなら思いっきり作り話がいいようです)
    だから比べてしまうと「はじめてのおつかい」や「きょうはなんのひ」の方がうちの子には良かったようですが、すごく素敵な本であることは間違いないです。

    投稿日:2007/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんがかわいい!!

    • はるひびきさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子6歳、男の子2歳

    おさがりでいただいた絵本の中のひとつです。
    自分では購入しなかっただろうな、と思います。
    というのも、最初はどうも受け入れ難かったんです。
    ぬいぐるみであるこんが、普通に旅をしている状況が。

    でも、こどもたちはもちろん、何の抵抗もなく、すぐこの本はお気に入りのひとつになりました。
    下の子は、毎回、砂に埋もれているこんを指差し、「みて。みて。みて」と教えてくれます。
    私が好きなのは、お風呂を嫌がって、こんが逃げ出すシーン。
    それまでしっかりものだったこんが、とてもおちゃめで、なんともかわいらしいと思うのです。

    投稿日:2006/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキのふたり旅

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    絵本ナビでランキングが高いので、気になって借りた本です。

    もちろんとってもいい絵本なんだけれど、期待が大きすぎた感は否めず。先入観なしで読んだら、間違いなく☆5つ!だったと思います。

    赤ちゃんだったあきがどんどん育ってこんよりも大きくなって・・・ふたり旅。そのシチュエーションだけでもドキドキなのに、駅弁の長蛇の列に並ぶこんに、さらにドキドキ。

    並んでいる人の数を数えて「7人も並んでるよ!間に合うかなぁ」と、娘もドキドキ。
    こんが砂丘に埋められてしまった場面では、耳を見つけて「ここにいるよ!」と教えてくれます。

    「だいじょうぶ、だいじょうぶ」の声がだんだんか細くなっていって、もしかしたらこのまま・・・?と、悲しい結末を想像したけれど、本当にだいじょうぶ!!

    「よかった!」

    投稿日:2006/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせに

    • 明星さん
    • 20代
    • ママ
    • その他
    • 女の子4歳

    ストーリーが少し長いのでお話を聞くことの出来るようになってからの本だと思います。
    私はこれを読むたびにたいして悲しいお話ではないのですが、親の私が話しに入ってしまって涙が出そうになってしまいます。絵などもとても日本を思い出しそれがまたいいのでしょうね。
    娘は特にいい反応はありませんでしたが・・。少し早かったかな。

    投稿日:2006/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現実と空想の融合

    1ページ目をひらいて、タイトルのバックは茶色の不思議な模様。
    なにかな、と思って最後まで読むとおばあちゃんが「こん」を作った布なんですね。

    あきのために作られたぬいぐるみのこん。とってもかわいいです。

    こんが動いて話して、ファンタジーなのですが駅や列車のシーンは妙にリアル。

    不思議な感覚で読み進めていくと、いつの間にか女の子の成長ものがたりになっているのですね。

    あきにどこまでも忠実でまもろうとするこん。旅の途中からこんをたすけようとがんばるあき。

    こころあたたまるストーリーです。

    挿絵もあったかくていいですね。

    投稿日:2006/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎだけど、あたたまる本

    きつねのぬいぐるみがしゃべるなんて、なんてかわったおはなしだろうとおもいました。でも、そういうおはなしはたくさんあるんですよね。子どもは、ちっとも不思議がらずに読んでました。コンがぼろぼろになって、おばあちゃんになおしてもらう。ぬいぐるみが大切に大切に使われ、いつまでも仲良しに、そんな心温まる本だと思います。うちの子たちも、物を大切に使ってくれたらなーとおもい、また、読んで聞かせたいなと思います。

    投稿日:2006/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンタジーの世界

    • くまどんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子3歳、男の子0歳

    今回、まとまて7冊購入したのですが、全部読み終わった後、息子にどの本が一番良かったか尋ねたところ、本を指差し、この本が一番良かったと言いました。こんが、犬に連れ去られてしまうシーンなどでは、こんはどこへ行ったの?とすごく心配そうにしていて、物語の中へすっかり引き込まれていっている様子でした。優しそうなおばあちゃんが最後に出て来て、一緒にお風呂に入るところがとっても和みました。

    投稿日:2006/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬいぐるみが擬人化

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子2歳

    おばあちゃんが作ってくれたキツネのこんと「あきちゃん」が
    おばあちゃんのいる“さきゅうまち”(砂丘町)まで電車で旅をする話
    ぬいぐるみが擬人化していて不思議な世界

    投稿日:2005/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵もあたたかくて素敵。

    このサイトで紹介されていたので、取り寄せて読んでみたのですが、
    旅に出て、冒険をして、ピンチの時もあって、
    最後には「いいところ」に到着する、という
    ロールプレイングゲームの展開にも沿ってて、読んでいて楽しいし、
    絵をみていたら安心した気持ちになれるので、
    寝る前のちょっとした時間にちょうどいい本だと思います。

    投稿日:2004/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • もうすぐしたの子が生まれるときに

    電車好きの息子に電車以外の本も読んでもらおうと買ってきた本です。読ませたときは受けは悪く、すぐ本棚へ・・・。
    この本を息子が自分から出してきたのは、妹が生まれる3ヶ月くらい前でした。息子はこの本を読みながら、もうすぐやってくる赤ちゃんのことを考えていたようで、何回も何回も読まされました。最初のこんが赤ちゃんを待っているシーンと、赤ちゃんとこんが対面するシーンは、とても素敵です。
    でも、妹が生まれた後はまた本棚へ。
    今度は、下の子が大きくなってから下の子に読んであげようと思います。

    投稿日:2003/12/27

    参考になりました
    感謝
    0

436件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(436人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット