ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。

浦島太郎」 みんなの声

浦島太郎 絵:笠松 紫浪
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2001年07月
ISBN:9784061482579
評価スコア 4
評価ランキング 20,224
みんなの声 総数 3
「浦島太郎」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 娘は絵がとても気に入っています

    • めーぷるさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、女の子3歳、男の子1歳

     昔懐かしい絵、細かいところまでよく描きこまれていて大変美しいので、娘は大好きです。何度も何度も読んで、と持ってきたり、自分で広げて眺めたりしています。
     私も子どものころからよく知っているお話ですが、改めてちゃんと読んでみると、なんともいえず悲しいお話ですね。これだけ立派な青年が自分も両親もずっと幸せになれないなんて。でもたった3年でも竜宮城で幸せに暮らせたのは良かったのでしょうか・・・

    掲載日:2006/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい

    有名な日本民話ですが、日本画家の描いた絵が懐かしい雰囲気で気品があります。昭和11年に発刊されたものの復刊だそうですが、今はこういう画調は少ないので新鮮にうつります。

    掲載日:2002/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若返った浦島太郎

    • みあさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    長男(現在6歳)が4歳の時に初めて読んで聞かせました。その時は、亀さんがいじめられて可哀想とか、子供なりの意見でした。去年、幼稚園の発表会で「若返った浦島太郎」と言う題の劇をしました。おじいさんになった浦島太郎が元通り若返るお話です。発表会後、又、いつもの浦島太郎を読んで!と持ってきました。もちろん、内容は、うっすらと覚えていたから本の内容はそっちのけ。この本を読んだあとは必ず発表会の劇の話を聞かされます・・おじいさんになっちゃって、この後どうなるんだろうね?みたいに親子の会話が続きそうな絵本だなぁと思います。

    掲載日:2002/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / ろくべえまってろよ / ぐるんぱのようちえん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット