だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

スーザンのかくれんぼ」 みんなの声

スーザンのかくれんぼ 作・絵:ルイス・スロボドキン
訳:山主 敏子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784033279701
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,620
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • こんなかくれ場所がほしい

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子15歳、女の子13歳

    大きなクモを見せようと追いかけてくる兄さんたちに、見つからないようにかくれるところを探しているスーザン。

    ルイス・スロボドキンの絵はやさしく、そしてあたたかい。そして何より登場人物が良い人ばかり。みんなが、スーザンがかくれられそうな場所を教えてくれます。

    そして、とうとう見つけたのがやなぎの木の下。誰もスーザンに気づかずとおり過ぎて行きます。
    スーザンも初めのうちは見つかるのではないかとドキドキしていたと思うのですが、自分がいることに誰も気がつかないことがわかると、ドキドキがワクワクにかわり、口をおさえて笑いたいのを我慢していたのではないでしょうか。

    こんなかくれ場所がほしいと、この絵本を読んだ子どもたちは思うでしょうね。誰も知らない、自分しか知らない、秘密の場所。
    今の子どもたちにこそ、こんなステキな場所が必要なのではないかと思いながら読みました。

    それにしても、今の子どもたちはやなぎの木を知っているでしょうか。
    「やなぎの下には幽霊がいる」という話を知っていたら、怖くなって自分から出てきてしまうかもしれませんね。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • イラストがたまらなく好き!!

    ルイス スロボドキンのイラストが大好きな私にはたまらなく愛らしい素敵な絵本に思いました!!
    最近我が家の娘は,動物達が擬人化されたものではなく「人」が主人公の絵本が好きなんです。
    そういう意味でもスロボドキンの描く絵本はいいな〜と思う親の私です。

    掲載日:2016/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 軽やかなタッチの挿絵

    明るい色彩で描かれた軽やかなタッチの挿絵に惹かれて手に取りました。
    スーザンが庭で自転車に乗りながら、お兄さんたちから隠れる場所を探します。物置の後ろ、バラの茂みなどいろいろ試しますが、なかなかよい場所が見つかりません。
    やっと素敵な場所をみつえたスーザンのほっとしてうれしそうな表情が印象的でした。
    とてもクセになる挿絵です。ルイス・スロボドキンの他の作品もいろいろと読んでみたくなりました。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな隠れ場所が欲しい

    赤・青・黄の三原色のみを使って描いたであろう、淡い色彩の絵が可愛い絵本です。
    大嫌いなクモを自分に見せようとする兄さん達から隠れようと奔走するスーザンが行き着いた場所は大きな柳の木の下。
    日本では柳の木というとヒョロッとしていて少し不気味なイメージがありますが、ここで描かれる柳の木はどっしりとしていて、スーザンをすっぽりと包み込んで隠してくれます。
    いたずら兄さん達からだけでなく、強い日差しや雨風からも守ってくれ、一人きりの静かな空間を作ってくれる柳の木。
    こんな隠れ場所、大人でも欲しいです。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な隠れ場所

    6歳長女に借りたのですが、一人で読んでしまったので、私も一人で読ませてもらいました。

    スーザンがお兄ちゃん2人から逃げて、隠れる場所を探します。見つけたとこは柳の木の下。柳の木って、幽霊がいそうで何だか怖いイメージなんですが、外国の絵本だとなんだか素敵に見える!

    誰も知らない隠れ場所、たまに私も欲しいなーなんて思ってしまいました(笑)優しい絵もとても素敵です。

    掲載日:2014/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文章もしっかりある

    逃げるスーザンのかくれ場所さがしに、お母さんや郵便屋さん、お隣のおばさんなど、いろいろな人が協力してくれます。
    絵本なのですが、文章もしっかりあるので、2年生の娘も楽しく読めたようです。
    ほんわかした絵で和みます。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 井上先生

    孫は、母子通園の園に通っているので、お友達とかくれんぼをするにも母子でかくれんぼをするので、あんまりスーザンのように自分から隠れ場所を探す機会が無かったなあって思いながらこの絵本を読みました。
    孫の担当のリハビリの先生ではないのですが、帰る時になると井上先生とかくれんぼしながら車まで遊んで帰るのがとても嬉しい孫です。スーザンの気持ちが孫と重なってドキドキしてしまいました。

    掲載日:2013/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かくれんぼが好きな子どもたちに!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    作者のほんわかした色合いのイラストが可愛かったです。
    小さいスーザンの隠れようとしているときの腰のかがめ具合とか、
    自転車をこいでいるときのちょっと前が紙で真剣なところとか、
    ホンのちょっとしたしぐさや表情で、一人一人のキャラクターの性格がよく出いるな〜と、思いました。

    私も子どもの頃かくれんぼが得意だったのですが、この絵本のスーザンもとっても素敵な場所を見つけましたね。
    かくれんぼをして遊べる年頃って、4,5歳くらいからかな?
    そのくらいのお子さんから小学校低学年くらいのお子さんにお薦めします。
    特にかくれんぼが好きな子どもたちに、一度は読んであげたいですね。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 広いお庭が羨ましい

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    クモを見せに来るお兄ちゃんから隠れたいスーザンは、いい隠れ場所を探してあっちをうろうろ、こっちをうろうろ。
    たまたまその場所にいた大人たちにアドバイスをもらますが、どこもなかなか気に入りません。
    でも、とうとう見つけました!とっても素敵な隠れ場所。スーザンからは見えるのに、誰もスーザンを見つけられない。その上とても気持ちのいい場所なんです。
    ちょこんと座っているスーザンが可愛らしい。
    こんな自分だけの秘密の場所を見つけられたら、きっとすごく嬉しいでしょうね。
    広いお庭が羨ましいです。
    絵もおはなしも、素朴でほのぼのとした絵本でした。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵もかわいいしお話もかわいらしい

    絵もかわいいしお話もかわいらしいなあと思いました。

    息子よりも私の方が好きなテイストだと思います。

    子どもだけでなく、そこにいると安心できる場所、くつろげる秘密基地的な場所は必要だなあと思いました。

    とても微笑ましくてほのぼのとしました。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット