もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ピヨピヨ はじめてのキャンプ」 みんなの声

ピヨピヨ はじめてのキャンプ 作:工藤 ノリコ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年04月30日
ISBN:9784333026357
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,524
みんなの声 総数 74
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

74件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • シリーズで楽しいです

    我が家もキャンプをするので親近感を持ってこの絵本を読んでいました。ぴよぴよ達の細い一本の目がなんともユニークで面白い。でもなんだか癒されるそんなかわいいキャラクターです。

    キャンプでたきぎを集めるうちに迷子になるのですが、そこで出会う河童親子もぴよちゃんと同じ顔!

    魚の取り方を教えてもらったり、キノコを採ったり・・最後は送ってもらって一緒にカレーを食べるというとても心温まるほのぼのしたストーリーにほっこりしました。

    最後の寝袋のシーン!笑いました。やっぱりこのぴよちゃんたちの顔が最高です!

    掲載日:2014/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ピヨピヨ再び!

    • 環菜さん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    大好きなピヨピヨシリーズの新刊。さっそく全ページためしよみで拝見。
    これまでのピヨピヨシリーズのように、ページ内をくまなく凝視してワクワク…という感じではないですが、ピヨピヨ一家と意外な一家との交流が新鮮で楽しめました。この絵本をきっかけにアウトドアに興味を持つ子もいるかもしれませんね。
    3歳くらいからオススメです。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • きのこがわかる!

    ペンギンきょうだいシリーズからこの作者の本が大好きになり
    この絵本も買ってみましたが大正解!

    にわとりのお父さん、お母さん(お母さんは鉄の鍋や荷物を持ってもちっとも重くなさそう。力もち!)と一緒に山にキャンプに来ました

    川沿いでテントを張って、ひよこちゃんたちは薪ひろい
    ところが見つけたキノコを採っているうちに迷子に!

    この後どうやっておうちに帰ってくるのかのお話が
    この作者さんのすごいところ

    ひよこちゃんひとりひとりがそれぞれ違う会話をしているのに
    ページとしてはまとまっていて
    沢山のお話を一度に読んだように満足できるのもすごい

    近くの公園にはまつぼっくりやキノコなどが落ちているので
    まつぼっくりはこんな風に使うんだよ。
    毒キノコは捨てるね
    なんて、言って聞かせるよりもよくわかります。

    おかげで毎朝毎夕散歩でキノコの様子を見に行くようになりました

    掲載日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新しいことをたくさん覚えました

    なんでもおそろい、いつでも一緒のピヨピヨたち、かわいいですね。
    今日は初めてのキャンプで珍しいことだらけ。
    ピヨピヨたちはたきぎ拾いに行って、きれいなきのこを拾っているうちに迷子になりました。
    河童のお兄ちゃんたちが助けてくれて、毒キノコも捨てて。
    2家族一緒の楽しい夕食。
    お誕生日の望遠鏡もってきたんですね。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    キャンプをするつもりで、薪を集めに行ったピヨピヨたちでしたが、いつのまにか迷子に。でも、優しい河童さん親子に助けてもらえて一安心でした。子どもたちの会話や、キャンプならではの楽しい様子が色鮮やかに描かれていて、キャンプをしたことのないうちの子もキャンプがしたくなったみたいです^^

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表情がたまらない

    ひよこの顔がそれぞれとても印象に残ります。

    冷めているようにも見えるし、楽しそうにも見えるし、

    その微妙な顔つきが最高にお気に入りです。

    お話自体は短いし文字も少な目ですが、

    グッと心に残るのはなんでなんでしょうか。

    不思議ですが、大好きなお話です。

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキなキャンプ

    このお話は、にわとりさんの家族がキャンプに行って、子供たちが迷子になってしまったのですが、森で暮らすカッパさん家族と出会って素敵な一夜を森で過ごしていました。協力してキャンプを楽しむ姿がかわいいお話でした。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛らしいピヨピヨ

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    9歳と7歳の子供達に読みました。
    ピヨピヨシリーズが大好きな子供達ですので、この絵本もワクワクしながら読みました。自然が大好きな子供達ですから、ピヨピヨのキャンプに同行しているような気分で楽しんでいました。
    ピヨピヨシリーズが増えて、とても嬉しいです!

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • なごむ

    ピヨピヨシリーズの絵本、初めて読みました。
    なんて、かわいらしい……。これは、なごみます。
    そして、ピヨピヨ一家と意外な家族とのくみあわせが、なんだかすごいあっています。ますます、なごみます。
    それに、キャンプの様子、使っている小道具など細かく描かれていて、これまた楽しい。こんなキャンプいいなあ。行きたくなります。
    すっかり、ピヨピヨが好きになりました。他のシリーズも読んでみます。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャンプに行きたくなりました!

    ひよこちゃんたちが、キャンプを楽しんでいる様子が、
    イキイキと描かれていて、
    こどもと一緒に、キャンプに行きたいと思いながら
    読みました。

    途中で登場する、かっぱさんたちがかわいい!
    ひよこちゃんたちを、優しく助けてくれるお兄さんかっぱたち、
    大人の余裕漂うお父さんかっぱ、みんなステキです。

    工藤ノリコさんの絵本は、いつも食べ物のシーンが
    とても好きなのですが、
    この絵本も、キャンプならではの、
    川原での料理・食事シーンが、とてもいいです。

    おすすめの絵本です。

    掲載日:2015/04/19

    参考になりました
    感謝
    0

74件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット