モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

パパはわるものチャンピオン」 みんなの声

パパはわるものチャンピオン 作:板橋 雅弘
絵:吉田 尚令
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年05月30日
ISBN:9784265081318
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,786
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分のパパの仕事は悪者プロレスラーなんだ 
    しかも ゴキブリマスクかぶっていて、ちょっと格好が悪い
    でもぼくにとったら 大好きなパパで となりのマナちゃんと一緒に見に行ったんですが・・・・
    マナちゃんは、ドラゴンの応援観客のみんなが ドラゴンの応援でもぼくはゴキブリマスクのパパを応援する(がんばれパパ)

    ちょっと ずるい手をつかって ドラゴンを倒し チャンピオンになった
    みんなからごみをなげられているのを ぼくはみている
    すごく、かなしい気持ちになったでしょうね
    表情でわかるんです
    でも・・・・ やっぱり パパがすきなんです

    子どもの気持ちがじーんとくるんです!

    パパがかっこうわるい 悪者チャンピオンでもね、ひっさつわざの「ホイホイドライバー」どんなわざかな〜?

    パパの仕事なんです 悪者プロレスラーが なんだか切なくなるんです

    子どもの素直な気持ちです
    いいな〜 こんな親子の関係!

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • ゴキブリマスクのプロレスラーのパパ。
    パパは、この日大きな決心をして、主人公の男の子に自分の仕事を見せたんでしょうね。
    きっと、仕事場で、打ち合わせをし、「今日は息子が見に来るから、よろしく」って、ドラゴンジョージにも伝えていたかも。
    悪役レスラーが、勝つ試合はなかなかないですよね。

    パパはこの試合で、思い切り悪役に徹して、卑怯な手で勝利をもぎ取って息子に見せたんだと思います。
    これが、パパの一生懸命な仕事をする姿ですから。

    仕事に貴賤はないというけれど、世の中から嫌われる仕事をしてくれる方がいなければ、成り立たないことが多々あるのです。
    それを、家族こと子どもに理解をしてもらうことは、やはり真摯な気持ちで仕事に向き合っていることを見せることが一番かもしれませんね。

    自分が大切に育てられ、守られている実感を持っているお子さんであれば、必ず理解してくれるのではないでしょうか。

    掲載日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 悪者でも応援したい

    シリーズものの続編。

    パパはプロレスの悪役。

    みんなの前で応援しにくいけど、でも応援しています。

    でも、子供の前でいいところを見せたくてお父さんが勝ってしまいます。お客さんは、ぶううぶう文句を言って怒って帰っていきます。

    親子の情を確認できるいい絵本でした。こっそりかばったり、こっそり応援するところ、とても面白いです。

    掲載日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 悪者が勝ったらどうなるか

    シリーズ続編。

    パパはプロレスの悪役。息子が応援しにきたのでつい頑張って勝ってしまうパパ。でもみんなにゴミを投げられます。

    なんで悪者を応援するか聞かれたぼくが、パパの正体を言うのかと思うと、、、ごまかしていました。そこが面白かったですね。

    ほのぼのできる絵本でした。ちょっと切ないけど、親子愛がすてきです。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • プロレスが観たくなった。

    • 北斗星さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子3歳、女の子1歳

    前作があるとは知らず、この続編から読んだことを、まずちょっと後悔しているのですが…
    プロレス好きな私の影響で、プロレスの意は何となく理解しているムスコ。難しいことは理解してませんでしたが、試合のシーンも楽しく、前のめりになり見て聞いていました。私もつい気合が入り、わるものレスラーらしく声を低めでかすれさせて、聞き取りづらい風にしてみたり…ヒーローレスラーが某有名イケメンレスラーに似ていて吹き出しそうになりましたが、プロレス好きなら、熱い想いを込めて、レスラーになりきって読むと楽しすぎる!そして感動する!なんかもう、開始2、3ページで泣けましたからね。悪役レスラーのこどもの純粋な気持ち…ひぃー泣けるー!
    プロレス好きなお父さん!読みましょー!これ、リングアナのセリフとかもありますから、楽しいですよ。それにしてもプロレスって、いろんな人生詰まってるよなあ。

    『なんで?かっこいーじゃん!ヒールとか!悪役レスラーなんて、なかなかできないじゃん!アンタの父ちゃん、最高だね!!』
    と、この少年が言われる日は遠くないですよね!

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • パパを誇らしく思ってほしい。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子、3歳の娘と読みました。
    主人公の男の子のパパは、悪役プロレスラー。
    そんなパパを誇らしく思う気持ち、
    そしてみんながパパを応援してくれない悲しさ、
    パパが勝ってもゴミを投げつけられる悔しさが
    とてもよく描かれています。

    自分のパパをとても誇らしく思う気持ちは、
    8歳の息子には非常によく、共感できたようです。

    でも、どうせならパパがヒーローだったらいいのにな・・・。
    と思う気持ちも、息子には、とてもよく共感できたと思います。

    試合が終わった後の、わるものチャンピオンのパパの
    堂々とした姿に、親の私も心を打たれました。

    職業に貴賎なしというほどではないですが、
    どんな職業でも、パパのことを誇らしく思う息子で
    これからもあってほしい。
    そんな願いがこめられているかのような一冊です。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勝っても複雑

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    『パパのしごとはわるものです』の続編です。
    前作で、パパの仕事が悪者レスラーと知ったぼくですが、今回はパパに連れられての観戦です。
    観客席には友だちのマナちゃんもいて、ますます困惑のぼく。
    パパこと、ゴキブリマスクは、反則を使い、あろうことが勝ってしまう展開に。
    パパに勝ってほしいと願ったけど、やっぱり複雑なぼくに、
    またまたパパは男の哲学を語ります。
    奥が深いです。
    やはり男同士でないと通じ合えない部分でしょうか。

    掲載日:2014/09/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 応援したいよね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    わるものでもなんでも自分のパパなんだから応援したいよね。もちろんパパはお仕事でわるものであって本当は違うのだから。お友達の前ではより一層応援しづらい気持ちが分かる気がします。
    プロレスって見たことが無いのですが、絵本で見てもけっこう過激な世界っぽいですね。椅子を使って相手になぐりかかるとか刺激が強そうです。本当のプロレスもこういうことってあるんですよね。

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一番のヒーローは

    前作がとても素敵だったので、
    今度はどのような物語になるんだろうと期待しながらページを開きました。

    パパを応援したいけれども、隣のマナちゃんの事が気になって、
    心の中でしかエールを送れない男の子。

    でも 試合の最後にパパが勝って喜んでいる姿を見て
    やっぱり1番のヒーローは、どんな格好であっても自分のパパなんだなぁと思いました。

    最後のページも、とてもさっぱりとした終わり方でよかったです。

    掲載日:2015/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私たちもスッキリ!

    前作の『パパのしごとはわるものです』を子どもと読んで気に入っていたので、続編が読めてとてもうれしかったです。
    パパはプロレスラーで悪役のゴキブリマスク。仕事としてわるものを演じています。観客席はみんな対戦相手のチャンピオンを応援するのですが、男の子はやっぱりゴキブリマスクを応援します。読んでいる私たちも、前作ですっかりゴキブリマスクのファンになっていたので、男の子と同じきもちでゴキブリマスクを応援していました。
    パパがチャンピオンになって、私たちもスッキリ!たまにはわるものが勝ってもいいよね!

    掲載日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / よるくま / おつかい / だるまさんが / ぼくつかまらないもん!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット