30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
ある夜のこと。30000このすいかが「食べられてはたまらん!」と畑から逃げ出した! すいかたちの脱走劇の結末はいかに!?

おもちゃ屋のクィロー」 みんなの声

おもちゃ屋のクィロー 作:ジェームズ・サーバー
絵:飯野 和好
訳:上條 由美子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年
ISBN:9784834013696
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,544
みんなの声 総数 2
「おもちゃ屋のクィロー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知恵で打ち勝つ痛快さ

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    次々と町を襲う大食らいの大男ハンダー。
    そんな大男におもちゃ屋の小さな男クィローは、ある作戦で追い出しにかかります。
    誰にも敵わないと思われた大きな力を、小さなクィローの知恵でこらしめるお話は痛快。
    元気と勇気がわいてきます。

    町の議員たちの慌てように対し、マイペースなクィロー。
    議員たちからは責められますが、誰よりも町のことを考えていたのは、このクィローなんですよね。
    本当に町の議員であるべきは誰なのか、町のみんなも読んでいる私たちもちゃんと分かります。

    掲載日:2009/05/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんなおもちゃ屋さんがいれば

    作者のジェームズ・サーバーは、作家、画家、劇作家、新聞雑誌の記事執筆、編集、エッセー、小説、脚本、演出、風刺的挿絵、漫画家、と多才だったそうで、「たくさんのお月さま」でも、この「おもちゃ屋のクィロー」でも、いとしいおもちゃのような描写をたくさん、見せてくれます。どちらの作品もまさしく彼の才能の集大成です。
    絵本ではなく、おはなしなのですが、飯野和好さんが挿絵をつけており、これがまた、表紙から引きつけられます。
    福音館書店にによれば、5才から小学校中級向きだそうですが、上限無く楽しめると思います。

    あるところにハンダーという大男がいて、こいつが歩くと、遠くの湖にさざ波がたつくらいのばかでかさ。いろんな町を渡り歩いては、略奪を繰り返していたのですが、そのハンダーが、男が100人女が100人こどもが100人住んでいるだけの小さな町にやってきます。
    二週間と七日の間、毎日リンゴ千個分のパイをくれだの、新しい上着を作れだの、とてつもない要求をして、町の議員たちを困らせます。だって、議会ではいつもは、空の星の数を数えたり、透き通ったガラスの素晴らしさについて話し合ったりしてるだけなんですから。
    ハンダーの要求には「毎日ひとつ、はなしを語ってもらいたい」というのもあって、これを町一番のちびの、おもちゃ屋のクィローが引き受けて、大男の脅威から町を救います。
    クィローは普段は、小さい小さいトランペットで七つの音色を奏でるトランペット奏者を作ったり、降る雪の中で開き始めるバラの花の姿をはめこんだ文鎮などを作ったり、クリスマスにこどもたちに素敵なプレゼントをしてくれたり、町の時計にからくり細工をを作ったりしている、ごきげんなおもちゃ屋さんなんです。

    77ページほどのこのおはなし、どんなふうに語ったら魅力的か考え中です。

    掲載日:2006/05/05

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / ペレのあたらしいふく / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット