しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

版画のはらうた 1」 みんなの声

版画のはらうた 1 作:くどうなおことのはらみんな
絵:ほてはまたかし
出版社:童話屋
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年
ISBN:9784924684690
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,660
みんなの声 総数 7
「版画のはらうた 1」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな詩なら書いてみたい

    • 楽葉さん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 埼玉県

     子どものころから詩が苦手で書けといわれると頭が真っ白になり途方に暮れたものだった。

     この小さな詩集に登場する詩人たちの面々は…かまきりりゅうじ、かぶとてつお、こねずみしゅん、けやきだいさく、かぜみつる、つきとしこ…などなど野原の住人たち。それを作者がなり替って書いたもの。遊び心があふれている。これを詩と呼べるのなら詩を書くことは楽しいに違いない。それぞれの詩は文字を含めて素朴で親しみのある一枚の版画になっていて想像の世界を拡げてくれる。

     声に出して読む時はぜひこちらも作者に負けずにそれぞれの気持ちになりきってみるといい。

     ところで…昔、3年生の教室で「おう なつだぜ…」で始まるかまきりりゅうじの詩を読んだら男子に大喜びされたことがあったのだが、それはまた別な話…。

    掲載日:2011/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • しみじみ、いいなあ

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子6歳

    はずかしながら、今回お初の「のはらうた」でした。
    くどうさんとのはらのみんなの詩のほのぼのさに、版画がなつかしさや親しみやすさをプラスしているように思いました。
    のはらのみんなの気持ちが一つ一つの詩に染み入っていて、よむたびに、「あっ、そうだったんだ!」という今まで思いもつかなかった発見をします。今度のはらに行ったときには、のはらにいる、またはある一つ一つのものに、もっともっと愛着を感じて接することでしょう。今までよりも友達になれるだろうな。
    そして、私も、くどうさんとのはらのみんなのような、温かい気持ちになれる詩をつくれるようになりたいです。

    自然を題材にした詩は、詩をよんだりつくったりするのが初心者の子ども達でも、すぐに打ち解けると思います。詩の文化も、絵本と同様、大切にしていかなきゃいけないなあと思いました。

    掲載日:2009/12/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 版で刷られた「のはらうた」はさらに素敵。

    • 西の魔女さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    のはらで暮らす 
    のはらのみんなの言葉で綴られた詩が収められています。

    この本を開くとホッとします。
    飾り気のない言葉で
    身の回りの出来事を素直にうたっている優しい詩ばかりです。
    それぞれの詩の
    作者の気持ちに寄り添って読むと
    心がほっこりあたたかくなります。

    読むその時々よっても違うのですが
    今回私の気持ちに響いてきたのは
    おちばせいいちさんの「ふゆのひ」です。
    冬眠中の生き物の寝息に耳を傾けながら
    冬の野原の静けさ、
    木々の枝越しに透き通るような空を見上げている
    「おちば」に 
    私はなりました。

    ほてはまたかしのさんの版画が
    詩にぴったりです。
    のはらのみんなが暮らすのは
    本当にこんなのはらに違いないと思えてきます。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • ますます素敵です☆

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    普通の「のはらうた」もいいですが・・・こちらの「版画のはらうた」はさらに素敵です♪
    のはらのみんなが書いた詩はもちろんですが、ほてはまさんの版画が、すごく素敵で、ずーっと眺めていても飽きません!

    2年生になった次女が、毎日音読してくれる副教材は「あくしゅ」(文渓堂)という音読詩集です。
    その中に、「のはらうた」が4つあって、そのうちのひとつ「せみのなつ」という詩が、この「版画のはらうたI」に載ってます。

    すぐそこで、せみたちの鳴き声が聞こえてきそうな、とってもにぎやかで楽しい詩です。作者は「せみすすむ」くん。

    あと、「あくしゅ」には別の詩を書いてる、「ぐるーぷ・めだか」さんや「かえるたくお」くんの、新作が載っていたり、「こぶたはなこさんのたんじょうび」という絵本でお馴染みの、はなこさんやお友達の詩が載っていたり・・・もう、あれこれリンクしていて、次女は大喜びです♪

    長男や長女の中1の教科書に載っていた、「かまきりりゅうじ」くんの熱いロックンロール調の「おれはかまきり」も、かっこいい肖像画入りで載っているのでご注目☆(中学生にもおすすめ♪)

    カラーの版画がついてる分、小さい子でも、抵抗なく楽しめる詩の絵本ですよ〜♪

    掲載日:2008/06/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 宝物の1冊

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子14歳

    ほてはまさんの版画とくどうさんの詩がとてもマッチしていて、大好きです。自然と会話を楽しむくどうさんの世界が、素敵な言葉で表現され、7年かけたスケッチがこの1冊に大事にしまってあるんです。

    息子も、保育園のこども達も大好きでした。

    掲載日:2006/05/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • すごくおもしろい詩がたくさん!

    • レースさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    子どもが、この本を紹介する帯を作りました。
    以下、子どもの文章です。(原文のまま)

    「すごくおもしろい詩がたくさん!

    作っているという作者の名前がすごくおもしろい。
    たとえば、つばめが出ていると、作者の名まえは つばめひとし。
    かぶと虫が出ていると、かぶとてつお、など。
    いろいろなおもしろいことがかいてあるのでぜひ読んでみてください。
     
    この本の中には版画で作ってある詩がたくさん。
    さかさま や、 かわ遊びなど 
    なんと107この詩が入っているおとくな本。

    読んだらおもしろいということがわかります。」

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かしこそうな形

    くどうさんの詩にぴったりの版画がすばらしいです。文字の部分も、もちろん版画なんですよね。細かいところまで、すごいなと思いました。じっくり見いってしまいます。

    くりのみしょうへいくんの詩を読んで。たしかにクリの頭はかしこそうな形だな、とおかしくなりました。ほめられるとクリでもやる気がでるなんて、おもしろいです。
    「うみをくすぐってやる」なんて、子供だけじゃなく、大人まで気持が広々してきます。のはらのみんなの詩は、大らかでちょっとせつなくて、いいですね。言葉のリズムがいいので子供も楽しく読むことができます。

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット