モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ざりがにさん と さわがにさん」 みんなの声

ざりがにさん と さわがにさん 作・絵:植垣 歩子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2005年09月
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,962
みんなの声 総数 11
「ざりがにさん と さわがにさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 教訓が含まれています

    キャラクターのデザインが面白いなぁと思いました。
    ザリガニとサワガニの からだの作りはそのままに、かわいらしくデフォルメされて描かれています。
    内容がシンプルで分かりやすく、教訓も含まれています。
    小さなお子様でも楽しめると思います。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいな〜

    ざりがにさんとさわがにさんが落ちていた手袋で洋服を作っていたのが気に入っていたシーンです。はさみを使うのがうちの子は好きなので、この二人みたいにはさみみたいな手があって、なんでも作ったりしたいな〜と羨ましがってました。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1つのものを分けるには

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    仲良しなさわがにさんとざりがにさん。

    一緒にお散歩していたら、素敵なものをみつけます。
    でも、「これは私の!」と取り合って・・・。

    うちの子たちもよくやる「取りあいっこ」

    二つあっても、色だとか形だとかで「あっちがいい」とか
    よく言い合いしています。

    でも、一番困るのが「ひとつ」しかないとき。

    二人のものとして仲良く使うというのが一番ですが、
    こんな感じにするのもいいですね。

    さわがにさんのとっさの発想。

    いいなぁ〜。

    掲載日:2011/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄弟げんかみたいだね

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    5歳と3歳の子供達に読みました。
    内容が、我が家の兄弟げんかに通じるものがあるので、
    子供たちも楽しんでいます。
    文章が短いので、疲れた時でも読んであげられます。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が自分でよくみています

    姉からもらった本ですが、
    なかよしのさわがにさんとざりがにさんが、
    道端でみつけた手袋をめぐってけんかしながらも
    最後は解決し仲良くごはんを一緒に食べる。
    感情をいれやすいので、役者になったつもりで
    おおげさに読んでいると息子も楽しそうです。
    よく自分でページペラペラめくっているので、
    息子は気に入っているようです。

    掲載日:2010/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今までのイメージとは違うざりがにが新鮮!

    ざりがにといえば今までなら力強く、男らしさを感じるキャラクターのお話が多かったように思います。
    おたまじゃくしの101ちゃんのようにざりがにのはさみを武器に・・といういわゆる悪者?的な存在のイメージ、先入観があったように思います。
    そうです!ざりがにが悪者なんて決め付けているのは大人です。
    子どもにとっては魅力的な存在でもあるざりがに。
    そしてこのお話ではおしゃれなマダム?な存在なちょっとピンクがかったざりがにさんです。
    靴はヒールを履いています。ネックレスもつけてフリフリの素敵なワンピースも着ています。
    そこに惹かれました。
    ワンピースのスカートあたりには小さなはさみが左右3つずつ出ていて・・その挿絵には思わず笑ってしまいました。やっぱりざりがにはざりがになんですね。
    さわがにさんも愛くるしいキャラクターです。
    二匹が手袋を素敵に変身させてお弁当を食べるという結び!
    ほのぼのとしていて好きです。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲が良い

    仲が良い友達がいる事はそれだけで財産だなと感じられる絵本でした。そして主人公達が音がいに信頼し合っているからこそちょっとやそっとのことで関係が崩れる事がないと分かっているからこそ喧嘩が出来るのだと思いました。喧嘩が出来る主人公達の様に娘にもそういう素晴らしい友達を持ってもらいたいなと思いました。ハプニングもチャンスにしてしまう主人公達は人生を楽しむ天才だと思いました。

    掲載日:2008/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母が大好きな本

    今までどんな本読んだかな?と思い浮かべると必ず浮かんでくる本がこれです。
    ちょうど上の子が幼稚園に入った頃に読んでいたのですが、お友達と仲良くやれるのか、取りっ子したらどうなるのかなんて親がやきもきしていたので、よく覚えているのかもしれないです。

    さわがにさんとざりがにさんがとりっこをして破れてしまったのをみごとにアレンジしたのに感心しました。

    兄弟でケンカをして、破れたりって日常でとっても多いので、娘にはこういう風になってもらいたいなーーと思いますので、ケンカが激しかった日には読むようにしています。

    うちの場合は、大概テープで止めるが処理方法ですが。。。

    掲載日:2008/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良しっていいね

    うちはざりがにとさわがにを買っています。だから、この本を見つけたときは娘はとてもうれしそうでした。
    やっと幼稚園に行きだして、お友達もちらほら出来ているみたいで、友達についての本を読んであげたいと思っていたのでぴったりでした。
    仲良しだけど、ひとつの手袋をとりあってしまって、しまいに破けてそれを直して二人で使えるようになるお話ですが、娘にもそんな優しい子になってほしいと思いました。
    これからけんかをしたりしたときに読んであげたい一冊です。ちなみに、ざりがにとさわがにが仲良しって知らなかったと感心していました。

    掲載日:2007/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさきにぴったり!

     でてくるのは、ざりがにさんとさわがにさんだけというとってもシンプルなお話です。
     手袋を見つけて、取り合いになってしまいますが、二人のはさみでちょきんと切れてしまいます。そかし、その切れたもので、あるものをつくります。それがまた面白いのです。

     けんかをしてもまた仲直り。そんな単純なお話ですが、はさみでちょきんと切って、針と糸で縫って物ができることなど、ちゃんと勉強になる要素がいっぱいあって、笑える絵もあったり、登場人物がかわいいので、小さい子供におすすめです。

    掲載日:2006/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット