大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

こそどろこそべえ」 みんなの声

こそどろこそべえ 作:かさいまり
絵:永井郁子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年12月
ISBN:9784265069644
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,680
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かさいまりさんの 「ぴっけやまのおならくらべ」はおもしろい話で子どもにも読んであげました

    こそどろ こそべい  どろぼうと おかっぴき 時代劇のお話しなんですが 絵は現代的で 本から飛び出して 逃げるという展開がおもしろい

    おにぎりを盗んで 飛び出たところは 現在へ クレヨンやおもちゃの汽車やセロテープと  おもしろい展開に  
     
    子どものおもちゃがでてくるんですから  目を奪われます

    そして 本の中へ帰って行くところもなかなか 粋です

    おはなしは おっかけっこしているだけなんですが・・・

    憎めない どろぼうと おかっぴきです

    永井郁子さんの絵が すごくおもしろい絵本でした

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷コンビによるエンドレスな追いかけっこ?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    江戸一番の大泥棒、こそどろこそべえと、
    岡っ引きのどんきちとの追いかけっこ。
    平面な絵本の世界から、3Dの現実の世界へ飛び出してきた!!

    ちょっと変わった展開のはなしに驚きでしたが、
    大泥棒のわりには、盗んだものは?にもびっくりです。

    ちょっと間抜けなどんきちに、
    追われているわりには緊張感のかけらもないこそべえ。
    迷コンビは、いつまでどこまで追いかけっこを続けるのでしょう?
    「ごようだ ごようだ!」「こっちだ こっちだ」
    と、このエンドレスのような展開が子供には受けるのかも。

    それにしても、このはなしを書いたかさいまりさんって、
    芸達者な方なんですね。

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結構いいどろぼうさん

    こそどろのこそべえとおかっぴきのどんきちが繰りひろげるお話です。こそべえ達が絵本から飛び出してくるシーンがあります。そこで娘は自分の家の中にきたかもと思ってキョロキョロしてるのが面白かった。こそどろという意味をはっきりとは知りませんがこのどろぼうさん結構いいやつですよ。

    掲載日:2007/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一風変わったお話

    他に例を見ないアイデアのお話ですが、本好きなら老若男女を問わず誰もが思い描く本の姿でもあるでしょうか。
    登場人物が現実世界へ飛び出してきて大暴れするなんて。
    書き分けがしてあって、本の世界では平面的なこそべえですが、飛び出してくると3Dとして描かれています。
    大人でも考えることだけに、子供なら尚更嬉しくて楽しいんじゃないかなぁ。
    現実世界では、子供にも身近な文房具を蹴散らかして机の上を走り回り、ググーッとスピードを上げてプラレールで追いかけっこ。
    と思ったら、また本の中。緩急自在な文章が愉快です。
    娘はこのスピード感を喜んでいました。

    さてストーリーとしては、どろぼうとお奉行だけども友情も潜んでいたりして、ルパン三世と銭形のとっつぁんのような半永久捕り物帖。
    また取り合っているものがあんなもの……。
    読み聞かせ会でもウケそう。

    掲載日:2007/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かけごえにはまりまくり!

      えど1ばんのおおどろぼう、こそどろこそべぇと、おかっぴきのどんきちのかけっこ。

     2人が、絵本から飛び出すと「おお〜!!すごい!!」
    絵本に戻ると、「戻れて良かったね!」と、子どもたちもものがたりのなかのこそべえとどんきちに引き込まれてました。そして何よりも、「ごようだ ごようだ」「こっちだ こっちだ」と言う、追っかけこのかけ声が気に入って、我が家でも、おっかけっこするとき、こどもたちが楽しそうに真似てます。

    掲載日:2006/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット