なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

まっててね」 みんなの声

まっててね 作:シャーロット・ゾロトウ
絵:エリック・ブレグヴァド
訳:みらい なな
出版社:童話屋
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年
ISBN:9784924684591
評価スコア 4.31
評価ランキング 13,032
みんなの声 総数 12
「まっててね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ベビーシッター先で、2歳の女の子に読み聞かせてページをめくるうち、美しいストーリーと絵に、私の方が気づいたら号泣。素晴らしい絵本です。

    まだ身の回りの片付けやいろんなことができないけど、すぐに大きくなるから「まっててね」というお話なのですが、自分が小さい頃や自分の母親との関係を思い出し、じーんとしてしまいました。
    女の子のお子さんに、そしてかつて娘だった全ての女性におすすめです。

    ちなみに私が読み聞かせた2歳の女の子のパパもこの絵本を読んで号泣!だったらしいので(笑)、女性だけでなく男性にもおすすめです。
    注意ばかりして子育てに余裕がないときにも。
    愛が詰まった素敵な絵本です。

    シャーロット・ゾロトウ、素晴らしいですね。注目してみます!

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 結婚して家を出て行ったお姉さんと、まだ身の回りのこともおぼつかない妹。
    妹からすれば、お姉さんは憧れで、やることがまねのできないことばかり。
    畏敬の念で見つめながら、歯がゆい思いをしている妹の愛らしさを感じます。
    妹は、お母さんに、自分も頑張るから「まっててね」と、幼心に弁解するのですが、これがまた愛らしいのです。
    今のままで充分と、そのままを抱きしめるお母さん。
    なんだか、とてもホッと息が出る絵本です。
    心配しなくても、きっとあなたもお姉さんのようになるわよ。
    お母さんの子だから。
    お母さんの包容力にバンザイ。
    素晴らしい家族です。

    掲載日:2012/06/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • どちらかというと、お薦めは子を持つ母に

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    この絵本はどこかのお話会で聞いたことがあります。
    年の離れたお姉さんにあこがれている主人公の少女がかわいいです。

    子ども向けの絵本なのかな〜?
    サイズが他の絵本に比べると小さいので、大勢いる場所での読み語りには向きませんが、
    少人数で読むのはいいかもしれません。
    主人公が少女の上、素敵な大人になることを夢見ているので、男の子より、読み手、聞き手は女の子がいいと思います。
    でも、最後のセリフを見ると、お薦めは子どもを持つ母親です。
    このくらいの子どもに「ママのために大きくなるね」とかいわれちゃったら、母はもう、メロメロです。

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新しい風

    お姉さんが家に帰ってきて、いつもの家なのに何だか新しい風がふいているかのように異なって見える。お母さんと話しているお姉さんは、どこかのカフェで話しているみたいだし、お部屋だって、なんだか急に大きくなって、素敵な場所に見えてくる。女の子なら、あこがれて、自分の早くおねえさん、になりたいなーって思うはずです。そんな気持ちがこもっていました。けれどこの本の素敵なところは、いまは出来ないことが多い少女だけど、それでもいい、大好きな子どもなの、ってママが抱きしめることでしょうか。背伸びしたくなる気持ちもある、でも、いまの自分が一番素敵なのよって、愛されているなーと感じるはずです。心が温まりました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おんなのこって・・・

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     妻が娘のため、あるいは自分のために買った(らしい)絵本。
    娘とふたりでいるとき、読んで聞かせていたっけ。
    男のお父さんは、お嫁さんの気持ちを十分にわかってあげられなくて
    何だかムニャムニャした気分になりました。
     何気ない日々のくらしのこと、些細でありがちな失敗のこと、
    そうか、娘はこういうふうに考えているのか・・・
    そうか、妻もこういうふうに考えるのか・・・
    エリックさんの、アメリカのくらしをあぶり出す線画タッチに興味を覚えながら、
    男ってダメだなあ・・・、おんなのこって、しっかりしてるなあ・・・
    と、お父さん反省しきりの一冊でした。

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分のお姉さんが結婚して 大人へのあこがれを感じます

    自分は 植木鉢を倒したり、お母さんのものをイタズラしたりまだまだこどもで 至らないことばかり・・・・
    そんな自分を知っていて お姉さんのように大人になりたい

    そして 一番は ママの所に遊びにきたいとということ
    ママは 「あなたが いるってことだけで かあさん しあわせなのに!」
    このことばに ママの愛を感じます
    こんな、お母さんの愛情が 子供にはどれだけ安心感を与えることでしょう!
    自分の至らなさをしているこどもにたいして、こんなふうな言葉は最高です
    「まっててね」
    タイトルの中にこどもの成長したいという思いがこもっています

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママが共感できる作品

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    シャーロット・ゾロトウは、1915年米国ヴァージニア州ノーフォークに生まれの96歳。
    現在のハーパーコリンズ社に就職し、編集者として功績を残した一方、児童書作家としても著名で、70冊以上もの作品を世に送り出しています。
    1953年「あらしの日」(絵 マーガレット・ブロイ・グレアム)、1963年「うさぎさん てつだってほしいの」(絵 モーリス・センダック)でコールデコット賞オナー賞を受賞しています。

    主人公は、女の子。
    物語は、歳の離れた結婚した姉が、泊まりにきたシーンから始まります。
    今の自分と姉を比較するシーンが続きます。
    姉は何でも出来るけど、私は、まだ出来ないと姉に対する憧憬に、胸が熱くなる方も多いはず。
    いつか、そんな姉のようになるから、まっててねというのが、この物語の題名の由来です。
    最後のママの言葉、
    「ちゃんと できるようになるのね。
    なんて うれしいのでしょう。
    あなたがいるってことだけで
    かあさん しあわせなのに!」

    この作品は、女の子限定でしょう。
    さらに言えば、ママの心の琴線に触れる、作品としてオススメしたいと思います。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あなたがいるってことだけで

    • 夏漣さん
    • 40代
    • その他の方
    • 福岡県

    「わたし」には「けっこんしたねえさん」がいます。
    ある日、泊りがけで遊びに来て、帰って行きました。
    ねえさんはお風呂にパウダーをこぼしたり、植木鉢をけとばしちゃう「わたし」と違ってとっても大人で、「ゆめみたいにすてき」なんです…

    いつか、ねえさんみたいに、色んなことができる人になって、かあさんに会いにくるから、待っててね、という「わたし」に、かあさんは…!

    妹が二人いる私は「ねえさん」の立場のはずなのですが、その「かあさん」の言葉を読むたびにできの悪い小さな子どもになって、涙ぐんでしまうんです。
    読み返すたびに、いつも。

    子どもに、というより子どもだった人たちにおすすめ!!です。

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憧れ

    ねえさんとかあさんに憧れるちょっとおしゃまな女の子。

    やっぱり、素敵なお手本が身近にいるから幸せだと思いました。

    憧れる素敵なねえさんとかあさん!

    かあさんの言葉「あなたがいるってことだけで かあさん しあわせ

    なのに!」


    素朴な言葉ですが、とても素直な言葉です!

    温かい言葉に愛情がいっぱい詰まっていました。

    いつまでも、子供のままでいてほしいですが、大人になっても自分の

    子供にはかわらないから満足しなくっちゃあ・・・・・

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さん

    以前にも同作者の作品を読んだ事があり、親近感が湧いたのでこの絵本を選びました。お母さんが赤ちゃんの代わりに色々な物に声かけをしているのが素敵だなと思いました。赤ちゃんの誕生を皆が心待ちにしていた様子もしっかりと伝わってきました。特にお爺ちゃん御婆ちゃんが目を細めて笑顔で待つ様子が幸福に満ちていて素敵だなと思いました。”おはよう”という言葉が何度も登場するので挨拶も自然と学べる所も良いと思いました。

    掲載日:2009/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / わすれられないクリスマス / ぐっすりメーメさん夜のおさんぽ?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.31)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット