庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

せかいでひとつだけのケーキ」 みんなの声

せかいでひとつだけのケーキ 作:あいはら ひろゆき
絵:あだち なみ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年04月
ISBN:9784774607054
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,334
みんなの声 総数 12
「せかいでひとつだけのケーキ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ママの誕生日にケーキをプレゼントしてあげたいゆうた
    ところが・・・ママは妹の子守を頼むのです
    わあ   大変!
    でもバスにのって 7つ先のケーキやさんまで妹を連れて行く様子が
    なんともいえないくらいじーんときます

    バスの中の様子わがままな妹の様子 ケーキ屋さんに言ったら ママに買ってあげたいイチゴのケーキが 高くて お金が足りません

    妹のわがまま アメを買ってあげてゆうたは妹のことが腹立たしくなり怒る様子

    帰り道の様子

    ゆうらはママの誕生日にケーキを買ってあげることを一番の二考えていたんですね・・・
    そして ママはこのケーキをどんな思い出食べたのでしょうね
    それはママになった人ならば ゆうたの気持ち痛いほど分かることでしょう

    タイトルのせかいでひとつだけのケーキの意味を かみしめながら・・・・

    あだちなみさんの絵  現代風の絵ですが 効果的です

    掲載日:2014/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さん一人で読むのもあり

    5歳長女に借りてきた絵本ですが、長女は最近一人で読むこともあり、この絵本は1人で声を出して読んでいました。「とってもいい絵本だった!」と読み終えて一言。私がその後に読んでみたら、まあ泣ける…。お母さんのためにケーキを買いに行く男の子。でも今回は急きょ妹も連れて行かないとだめになって・・・。初めてのバス。そしてわがまま妹。大変なお兄ちゃんの気持ちが伝わってきます。

    この本を読んでお兄ちゃん、お姉ちゃんの大変さがよくわかりました。この男の子がお母さんに言われてる言葉、全部私も思い当りました。こんなママでもこんな風に子供たちが見てくれてるのかな。こんな愛されるママになりたいなあ。

    掲載日:2014/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんのための本

    大好きなあだちさんとあいはらさんの本だったので、
    図書館で借りて読みました。
    割と長文だったので、まずは自分一人で、
    次に2歳の次女が寝ている間に7歳の長女と2人で。

    ゆうたくんは小学生、としか書かれておらず、何歳なのかはわかりませんが、子供だけでバスに乗ってちょっと不安な気持ち・一生懸命さ、妹のももちゃんに振り回されながらも健気にママを想う気持ち、そして妹を疎ましいと思いながらも放ってはおけない気持ち…。
    大好きなママのために、お誕生日のケーキを買いに行く中で、
    ゆうたくんが心に抱くいろんな感情がひしひしと伝わり、涙が出ました。

    子供のためのお話というよりは、親が子供(特に上の子)の気持ちを忘れように…と書かれたお話ではないかなと思いました。

    いつも妹に邪魔されてばかりの長女は、色々とゆうたくんに共感したようです。
    最後にママがケーキを食べて喜んでくれたシーンでは、とても嬉しそうでした。
    そして「わたしも泣きたくなる」と言っていました。

    「一番大事な人はおかあさん」と言ってくれた長女。
    その長女も日々我慢してくれていることを忘れないようにしようと思います。

    私もむねがいっぱいになりました。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙がポロリ

    私には息子と娘がいます。
    小学生のおにいちゃんと幼稚園のいもうと・・・
    お話の設定と似た環境で感情移入しないわけがない。

    私は三人姉妹の長女だったので、ゆうたくんの気持ちがすごくわかる。
    ゆうたくん目線で物語を読み進めてしまった。
    もし、末っ子の人が読んだら私とは違った感想なのだろうか?

    ママの誕生日にこっそりケーキをプレゼントしようと計画をたてたゆうたくん。
     (このエピソードだけで母としてはジーンとしてしまいます。)
    しかし・・・
    わがまま妹を連れて行かなくてはいけなくなってしまった。
    しかもバスに乗ってケーキを買いに行くのは初めて!
    ハプニングの連続で応援にも力が入りました。
    息子もお兄ちゃんという同じ立場で すごくドキドキしたそうです。

    結末がいいです。涙がポロリ・・・息子もポロリとしていました。
    素敵な一瞬に巡り合えるように 家族仲良く過ごしたい と思えた絵本でした。

    掲載日:2011/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 妹好きなのかな?

    あいはらさんとあだちさんのコンビの絵本は「妹」がよく
    登場するように思うのですが(ジャッキーなんてまさに!)、
    そうして、姉である私は(下にいるのは妹でなく弟ですが)なんだか
    なあとずうっと思っていたのですが、この本もまたうるさい妹が
    登場します(笑)。
    で、読みながらつくづく考えました。
    あいはらさんはもしかして妹がいるおにいさんなのかな?と。
    妹のことをときにはうっとうしく思いながらも、やっぱりかわいい
    よなあ、好きだなあって思っているのかもしれないなあと。
    私が「なんだかなあ」と思ってしまうのは、もしかして実際には
    妹がいないせいなのかもしれないなあと。絵本を読んでいるだけでは
    妹のわがまま加減ばかりが強調されて(るわけではないのかもしれ
    ないけれど、私にはそう思えました)、ほんとのかわいさみたいな
    ものは実際に一緒に過ごしてきた人にしかわからないのかもしれない
    なあと。小さくてやわらかなものに頼られるうれしさ、みたいなもの
    とか。
    おにいちゃん、たいへんだったけど、がんばったね。
    ママも喜んでくれてよかったね♪

    掲載日:2011/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 偉いぞ!ゆうたおにいちゃん!!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「あなたの いちばばん
    たいせつな ひとは だれですか」

    表紙を開くと
    目に飛び込んできます

    ゆうたくんのママに対する思い
    いもうとのももちゃんの
    ゆうたくんの言うこと聞かない
    わがままで
    あしでまといになるし
    ももちゃんのせいで、怒られるし・・・

    長男長女の宿命とはいえ
    よくわかります!!

    それでも、なんとか自分を押し殺して(^^ゞ
    任務遂行・・・
    偉いよ〜
    本当に、偉いよ〜

    ママも凄いね
    こんなセリフ言えないです

    でも、小さくても、ぐちゃぐちゃになってても
    3人で食べて欲しかったかも(^^ゞ

    ももちゃんとジャッキーが重なっちゃいました(^^ゞ

    掲載日:2011/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 下の子がいないときに…

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    イラストはあいはらさんとよく組まれているあだちなみさんです。

    これはね〜、面倒見のいいお兄ちゃん・お姉ちゃんに、ぜひ読んであげたい作品です。
    それも、下の子が寝ているか、いないときに、ママがだっことかして、読んであげてほしいな〜。

    上の子の、一生懸命さとか、健気さとか、すごく伝わってきて、ジ〜ンとしてしまいました。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我がまま妹

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    絵本ではなく、幼年童話と呼ばれるジャンルです。
    でも絵は「くまのがっこう」でおなじみのあだちさん。表紙はもちろん、おはなしのところどころに登場する挿絵もとってもすてき。ももちゃん、4歳児にしてかなりのおしゃれさんです。
    ママの誕生日にケーキを買ってあげることにしたゆうた。でもその日の限って妹のももも一緒にお留守番することになってしまいました。仕方なくももを連れて買い物に出かけたゆうたでしたが・・・。
    このももちゃん、かなりの我がままっぷりです。こんな4歳児を連れてのお買い物は、お母さんだって一苦労ですよね。子どもだけのお出かけは初めてのお兄ちゃんではなおさら。悪戦苦闘するゆうたの様子に、こちらはハラハラドキドキです。
    うちは上の娘が4歳児。さすがにお姉ちゃんの自覚があるからか、ももちゃんほどの我がままはもう言いません。妹にもまだそれほど苦労させられていないせいか、いまいちおはなしがピンとこないようでした。二人がゆうたとももの年齢に近づいたら、もう少し感情移入できるかな?
    母としてはとっても嬉しいおはなしだったので、もう少ししたらまた読んであげたいと思います。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • お兄ちゃんエライ!

    「おなかいっぱいケーキたべてみたい!」いつかママがそう言った言葉を
    ず〜っと覚えてたゆうた。ママの誕生日にその夢を叶えてあげようと妹のももと
    バスに乗って出かけました。
    ところが、まだ4歳のももはワガママばっかりでゆうたはもうイライラ。
    さて、ママのプレゼントちゃんと買えるかな?

    兄妹の会話やケンカも我が家の子どもたちにも思い当たる場面ががいっぱい。
    「あ〜、ももと同じ事○○(息子の名)もやってる!!
    ゆうたの気持、よくわかるよ〜。」
    娘のそんな言葉に、すこ〜し申し訳なさそうにしてる息子。
    バスのボタンをおされてすねてるももの場面なんて
    「ん〜、よくすねるね!」
    でもさ、ゆうたともものお家までの帰路のお話しは共感しつつも
    「○○ちゃん。(娘の名)いつもワガママ言ってばかりでゴメンネ。
    いつもカバン持ってくれたりして助けてくれてるのに、
    お菓子買ってもらってるのに、ゴメンネ」
    ももの姿を見て、少々反省始めた息子。
    ももにもきっと、お兄ちゃんの暖かさ、伝わったよね!

    なんて、兄妹愛に浸ってると・・・
    ラストはさらによかった!!
    本のタイトル通りに『せかいにひとつだけのケーキ』そのもの。
    “ひとつだけ”には、いろんな意味や今日の出来事が含まれてるのですが
    私も自分の誕生日にそんな心のこもったプレゼントをもらったら
    感動して涙を流しちゃうな〜

    掲載日:2007/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 兄妹の絆が素敵です。

    本屋さんで「くまのがっこうの人の本だわ〜」とかるい気持ちで手に取りました。
    読み始まると、妹のワガママぶりに私のほうが我慢出来なくて、お兄ちゃんに「頑張れ!!」って応援したりしながら、読みました。お兄ちゃんの優しさ、逞しさ、兄妹の絆、そして最後のママの一言に私は、心打たれてしまいました。私も、こんな一言が言えるママになりたいなとつくづく思いました。
    私の娘は、終始お姉さん気分で妹に注意してました。
    反応は全然ちがいますが、親子で楽しめる本です。絵本から児童書へのステップにもちょうどよいです。

    掲載日:2006/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット