だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

にんじん、ごぼう、だいこん」 みんなの声

にんじん、ごぼう、だいこん 作・絵:藤枝 リュウジ
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:1999年
ISBN:9784052010705
評価スコア 4
評価ランキング 19,446
みんなの声 総数 3
「にんじん、ごぼう、だいこん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 有名なお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    私は子供ができて初めてこのお話を読みました。
    でも、このお話ってすごくたくさん絵本(紙芝居も)がありますよね!
    有名なお話なようです。
    にんじん、ごぼう、だいこんたちが今の色な理由はお風呂に入る時間が…。
    かわいらしい絵でしかけもあって幼い子にいいです。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかよしさん

    にんじん、ごぼう、だいこんと身近な野菜たちなので孫たちは、きっと興味深く聞いてくれるお話だと思いました。このお話は、どの絵本を読んでも妙に納得してしまうし、絵も可愛く描かれているし、ほっこりしてにこやかになれるし、土の中でなかよく一緒に暮らすなかよしさんだと思いました。読んでいると優しい気持ちになれます。

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物の名前

    「どうして にんじんは赤く、ごぼうは泥だらけで、だいこんはまっしろなのか」

    その由来をユーモラスにかいた絵本です。
    絵柄もシンプルで親しみやすく、ほのぼのとした感じです。

    この手のおはなしはいろいろありますよね。「そらまめのお腹にはどうして黒い筋が入っているか?」とか昔話で聞いたものです。

     成長してから、ああいった昔話が物の名前を覚えるのにとても役に立っていたのだなと感じました。

     10年ほど前、有名な女性司会者がテレビで「知り合いの子供にりんごを見せたら『これ何?』と聞かれた。りんごだと答えたらりんごは白くて櫛形のものだというので驚いた」と話してありました。

    わたしの知り合いにも、野菜・果物の名前をよく知らないという人がいます。

    子供の時に、物の名前を覚えておくというのは大切なことだと思います。

    しかけ絵本なので楽しめますよ。

    掲載日:2006/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット