たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぐ〜ぐ〜ぺこぺこ」 みんなの声

ぐ〜ぐ〜ぺこぺこ 作・絵:中村 陽子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年01月31日
ISBN:9784265081301
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,628
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなはずじゃなかったおおかみ

    6歳次女に読みました。こねこを食べようとするオオカミのお話だったので、これは七匹のこやぎのねこバージョンかな?なんて思って読み始めたのですが、全然違う(笑)オオカミが気の毒になってしまうほど。なんと、こねこ達の子守をするはめになってしまうのですから(笑)とっても面白いですよ。2年生の長女も途中から入ってきましたが、絶賛していました(笑)

    掲載日:2016/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実はオオカミって

    3歳の息子に図書館で借りてきました。

    息子はおおかみが怖いイメージでいるようでしたが
    猫たちのかわいいわがままに振り回されてしまいます。
    食べようとしつつ、機会を失ってしまうおおかみ
    なんだかかわいくなってくるおおかみ

    最後は感謝されてしまいます。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想定外の結末

    おおかみはおなかがすいてたまりません。
    留守番中のこねこたちを見つけ、なんとかして食べてやろうとするおおかみです。まずは、森に連れていって、いっぱいごちそうを食べさせて太らせてから食べてやろうとするのですが、なんといってもやんちゃなこねこたちに、なかなか、おおかみの思うようにはいきません。
    そのうち、主導権はこねこたちになり、そして、なんだか、風向きが変わってきました。おもしろい、おもしろい…
    そして、このおおかみさんときたら…
    なぜか、心がほんわかとなるお話です。扉絵の森の中の地図も、ちょいとした変化が見られます。お見逃しなく。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモアたっぷりのイラスト

    1年生のお姉ちゃんが、5歳の弟に読んであげていました。
    おなかがぺこぺこのオオカミが、留守番中のこねこたちをみつけて、なんとかして食べてやろうと奮闘するおはなしです。でもこのこねこたちが元気すぎて、気づけばオオカミはすっかりこねこたちの子守役となってしまうのです。
    こねこたちにタジタジなオオカミを見ていると、ちょっと気の毒になるくらいです。ユーモアたっぷりのイラストで、楽しく読めました。
    5歳の息子もお姉ちゃんに読んでもらってとてもうれしそうでした。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい本です

    5歳の息子は喜びました。
    内容は、最初はこぶたとオオカミを想像しますが、オオカミはひとがら?がよく、のんびりとした終わり方になります。
    怖いところは、ありません。
    人生塞翁が馬のような感じを子供に知ってもらうにはいいかと思います。

    掲載日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がカラフルで元気になる

    お腹が空いたおおかみが見つけた5匹のこねこたち。
    すぐに食べてしまわず、丸々太らせてから食べようと思ったばかりに、こねこの世話にてんやわんやします。
    くすっと笑える楽しい絵本です。
    絵がとてもカラフルで見ているだけで元気になれます。

    こねこたちもおおかみもとてもかわいらしいです。

    掲載日:2014/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人生がガラリと!

    子猫たちを食べようとしていたオオカミが、
    いつの間にか子猫たちのお世話をしている様子が
    とても微笑ましかったです。

    最後には、他の動物の子どもたちの子守まで頼まれてしまうのですが
    それをきっかけに、オオカミの人生がガラリと変わります!

    誰かを騙してお腹を満たすより
    「ありがとう」って言われて、渡されたものを食べるほうが
    きっと何倍も美味しいですものね。

    ストーリーの展開は、途中でなんとなく勘づきましたが
    それでも、最後までほっこりとした気持ちで読めました。

    掲載日:2014/05/14

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くものすおやぶん とりものちょう / ヒワとゾウガメ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット