なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ぼくがおうちでまっていたのに」 みんなの声

ぼくがおうちでまっていたのに 作・絵:ヤーノシュ
訳:石川 素子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1999年
ISBN:9784198611057
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
「ぼくがおうちでまっていたのに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どのタイプかな?

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    1.どんなに約束をやぶられても、信じて待ち続けるくまくん。
    2.ついつい誘惑に負けて、約束をやぶってしまう。でも基本的にはお人よしのとらくん。
    3.とにかくさみしがりや。言う事を聞いてくれる子をさがしている。たのしく楽にくらしたいぶたくん。

    娘は、あきらかに1のくまくん。息子は、3じゃないと信じたい。
    2ほどお人よしじゃないし。。。

    最後に出てくる、ライオンって強烈!
    どちらかと言うと、私はこのタイプかも。。。

    こんな事を息子と話しながら楽しみました。
    絵が、なんともかわいらしく、色合いもほんわかしています。
    ほかの動物たちも含めて、表情がとてもいいです。

    掲載日:2006/08/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • とらとくまのものがたり

    • そらいさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

     小さなとらとくまの続編です。
     どうしようもないとらくんが、またわがままをやってしまいます。
     おつかいの途中で小さなぶたに出会い、遊びほうけているうちに、
    くまくんに持って帰るはずのきのこを忘れてしまいます。
     とらくんは反省するそぶりもみせず、勝手な言い訳をします。
     そんなことが何日も続きますが、くまくんはとらくんのことを責めず、
    ただ黙って自分の仕事をこなします。

     ある時、小さなぶたに誘われて、ぶたと一緒になまけた生活をいく日もしていました。
     ぶたはなまけもので、とらくんにばかりごはんの用意をさせます。
     くまくんといた時より一生懸命働いているとらくんは「あれ?」とおかしな気持ちを覚えます。
     とらくんは、ふと、くまくんのことを思い出し、
     あわててきのこを何本か取ると、いそいでおうちに帰ります。
     くまくんは今でもとらくんを待っているのでしょうか?

     読んでいるうちに、なんだか男女の話のような気がしてくるのは、私だけではないはずです。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生々しい人間関係

    ヤーノシュさんの作品のうち、特にこの小さなくまと小さなとらシリーズが好きな息子に借りてきました。

    巻によっては2歳9ヶ月の息子でも理解しやすいストーリーのものもありますが(息子の場合、『とらくんへのてがみ』がそうでした)、こちらは難しかったです。

    とらとくまの友情のありかたを描いたものですが、年齢のぶんだけ汚れた大人の世界を見てきた私には、もやもやするものばかりが残ってしまいます。

    息子には早すぎましたが、子供(5歳くらい?)はどんな風に読むのだろうかと興味がわきます。息子が大きくなったらまた読んで、息子の感想を聞いてみたいと思います。

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人向けの絵本かも・・

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    結構長いお話なので
    年長さん以上かなぁって思いつつも
    内容的には大人向けかなって思います。

    主に登場するのは
    ちいさなクマと
    ちいさなトラと
    ちいさなブタ。

    この三者の関係に似たようなものを
    実際の大人の関係で見聞きしていただけに
    そういうのに置き換えてしまって
    かなりウンザリしてしまいました…。

    純粋に読んでいればまた違った感想を抱けたんでしょうけど
    クマくんの立場で見てしまうと
    いい加減でお人よしなトラにも、
    わがままだけど、多分寂しがりなブタにも
    憤りを感じてしまいました。

    最後の最後でライオンさんが
    かなり手厳しいことを言っているのに
    全然堪えていないトラくん・・・。

    まさに現実と一緒だなぁ・・・と。

    かなりリアルな絵本なのかもしれませんね。
    そういうドロドロを知らない子どもには
    どういう風にうつるんだろう、とも思いつつ。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しすぎます、小さなくま。

    「ぼくがげんきにしてあげる」のトラとクマが可愛かったので、
    この絵本も読んでみることにしました。

    「ぼくがおうちでまっていたのに」のタイトル。
    待っていたのはやっぱり、小さなクマでした。
    小さなトラと小さなクマは、一緒に住んでいるんですね。
    一緒に住んでいるので、家の中の仕事と家の外の仕事を
    一日交代で分担していたようです。
    ある日、外の仕事に出た小さなトラは、小さなブタに出会います。
    積極的な小さなブタのペースに乗せられ、すっかり仕事を忘れて
    遊んでばかりいるようになってしまった小さなトラ。
    そのうち、小さなブタの家で過ごすようになってしまい・・・

    今回も、優しい小さなクマは健在です。
    分担した仕事もしなくなり、家に帰ってこなくなった小さな
    トラを心配して待ちつづける小さなクマ。
    友達だから。小さなトラの良いところをたくさん知ってるから。
    だから、きっと小さなクマは待っていたんだね。

    小さなトラが小さなクマのことを思い出してからの後半は、
    小さなトラの小さなクマへの思いがいっぱいにじみ出ています。
    ブタとの出会いで気持ちが移ってしまうトラの心理、それでも
    信じて待ちつづけるクマ、後半、実は遊んでくれるなら誰でも
    良かった小さなブタの性格もわかったりして、トラは自分の
    本当の友達は誰かということを悟ります。

    友達という関係を考えさせるこの一冊。
    なんだか大人向けの絵本のように感じました。
    絵は可愛いんですけどね。いろいろ考えさせられました。
    トラには、クマにきちんと謝って欲しかったな。
    それさえも許してしまう小さなクマは、優しすぎます!

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 後を引く作品

    ドイツで人気があるというヤーノシュの作品です。

    とらくんとくまくんは一緒に暮らしています。それぞれが家の中のことを分担していますが、とらくんがこぶたちゃんに会ってから、とらくんは遊ぶようになってしまい自分の仕事をさぼり始めます。

    とらくんにとってこぶたちゃんは、ちょっと刺激的な友だちだったみたいです。遊んでばかりで、家のことはしません。

    読んでいるとこぶたちゃんって自分勝手で気ままで何にもしなくて、あまり良いお友だちとは思えません。とらくんはくまくんしか知らなかったから、こんなこぶたちゃんでも一緒にいて楽しいと思ってしまったのかな?

    題名にもあるようにくまくんは、とらくんが帰ってこない間もずっと待っていてくれます。

    本当の友だちって何?と考えた時に、私がまず上げたいのは信頼できるかどうかということ。

    くまくんはとらくんのことが好きでずっと待っていてくれます。とても信頼できるお友だちだと思いました。本当の友だちって何だろう?

    一緒にいてもいなくても心配してくれる。そばにいてくれるだけで温かい。人それぞれ友だちに求めるものは違うかもしれませんが、とらくんとくまくんのようなお友だち関係っていいなあと思いました。

    こぶたちゃん意外にも最後にビリッとしたスパイスを加えるライオンもいい味だしています。

    読んだ後に、心に何かしら残る、後を引く作品だと思います。

    掲載日:2007/12/18

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どろぼうがっこう / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット