ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

夢みるパナマ」 みんなの声

夢みるパナマ 作・絵:ヤーノッシュ
訳:大石一美
出版社:きんのくわがた社
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年
ISBN:9784877701024
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「夢みるパナマ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人向けかな

    息子ともどもヤーノシュさんのファンで、『とらくんへのてがみ』を読んで以来ちびとらとちびくまのシリーズが気に入っています。

    この絵本は、二人が楽園パナマを目指す旅がテーマです。結局最後には彼らは自宅に戻ってくるのですが、彼らは、旅によって色々なものを得て帰ってきます。

    『パナマってすてきだな』という題名で、別の訳者、出版社によってかつて出版されたものを最初に読んでからこちらと読み比べてみたのですが、あちらのほうが文章が易しく、漢字にもルビがふってありましたが、こちらは漢字がたくさん使われていてルビが振ってありませんでした。大人が読むことを前提に訳されたのでしょうか。

    なので、結局息子には読みませんでした。

    ヤーノシュさんが子供のためにこのシリーズを作ったのか、それとも大人の読者を想定したのか・・・気になります。(個人的には大人の心を惹き付けることを狙っている絵本は好みではないので。)

    掲載日:2011/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子と二人でクスクス

    ヤーノシュの作品ということで久しぶりに読んでみました。

    「くまのプーさん」や「ふたりとともだち」をどことなく彷彿とさせます。

    ちびくまくんもちびとらくんも愛すべきキャラクターだなあと思います。

    最後のオチに息子と私でクスクスッとしてしまいした。

    ほのぼののんびりするお話だと思います。

    変化が早い時代に暮らしているせいかこういうお話を読むとほっとします。

    掲載日:2010/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット