だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ばらになった王子 」 みんなの声

ばらになった王子 作:クレメンス・ブレンター
絵:リスベート・ツヴェルガー
訳:池田香代子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,219+税
発行日:1983年
ISBN:9784572002723
評価スコア 4
評価ランキング 18,712
みんなの声 総数 5
「ばらになった王子 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ばらになった王子は、なぜ?

    ロザリーナひめは花が大好きで、とりわけバラがすきだったので 、タエマナシ王子はバラになり、ロザリーナ姫と結ばれたかったのでしょうか?(王子の乳母が タエテナシおばさんといって 力ある魔女だったのでバラになったのでしょう)

    かぼちゃとバラの花びらを口にしたロザリーナ姫は かわいい女の赤ちゃんを産むのです!

    メルヘンチックなおはなしです。
    ツウ”ェルガーの絵は 芸術的でどの絵も このお話に花を添えていました
    訳は 池田香代子さんで 何だか 宝塚
    の舞台を見ているようにも思えました!

    赤ちゃんはひらり姫 長い間魔法にかかっていたのですが
    魔法がとけて 幸せな結婚をして 男の赤ちゃんを授かるというお話です

    ばらになった王子はこのひらり姫をみまもってあげたのでしょうが 
    あまり 姿を見せることなく 縁の下の力持ちのような存在だったのですね
    ドイツのロマン派の詩人が書いた民話ですから 日本人の感覚とはずいぶん違うな〜と感じましたが

    宝塚の歌劇で見たいお話でした
    子供たちには 少しわかりにくいのでは   女の子むきかな?

    掲載日:2010/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばらのようなお話

     自分が大好きなおひめさまロザリーナ、 
     そのロザリーナに恋するあまり、ばらになった王子、
     その花びらを口にしたロザリーナから生まれたバラノハナビラヒラリひめ、、、
     お話がばらにように、幾重にも重なり合っています。
     
     最後は、ほっとする場面でおわってよかったです。ツヴェルガーさんの絵は幻想的ですてきでした。お話をもりあげてくれます。
     「バラノハナビラヒラリひめ」という、きれいな名前が印象に残りました。

    掲載日:2010/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人買いしたくなる本

    ツヴルガー、大人っぽい絵に惹かれて最近よく読んでいます。

    この作品が楽しめるのはどれぐらいからでしょう?

    詩的な文章で、過酷なことが起きる運命、果たして結末は?と、たとえは悪いですが、昼のドラマのようなすさまじい不幸が繰り返されます。

    救いのある結末で終わってほしいなあと願って読んでしまいました。

    ツヴルガー、繊細で抑制のきいた絵だなあと思います。

    一度絵を見ると癖になりそうです。

    大人が絵を鑑賞するために大人買いしたくなる本だと思います。

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 傲慢さへの戒め

    若さゆえの傲慢さ
    幸せに夢中になるあまり周囲の人に対する気遣いが
    おろそかになる愚かさ。
    そういうロザリーナひめの要素は大なり小なり誰にでもありそうです。

    自身の招いた禍とはいえ
    メルヘンなのでそれに対する戒めはとても厳しい。

    それでも最後の幻想的なシーンで救われます。
    ヒラリひめの満ち足りた表情に
    ロザリーナと王子の幸せな姿が見えるようです。

    ツヴェルガーの絵はおとぎ話によく似合います。

    掲載日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰が1番幸せだったのか・・・・・・。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    この作品を読み、ワタクシが1番切なかったのは、ばらになってしまった王子!たった一人でございます(T_T)王子は、ばらになり幸せを掴む事が出来たのかも知れません(..;)ですが、ワタクシにとっては、切な過ぎて納得が行きませんでした(>_<)
    この作品を通し、誰が1番幸せだったのか・・・・・・ワタクシが1番不幸だと思ってしまった王子が1番幸せだったのでしょうか(..;)それとも、心を入れ替えたお姫様だったのでしょうか、辛い思いをしながらも幸せに暮らす事が出来たヒラリ姫、それとも公爵・・・・・・考えさせられる作品でございました。
    絵本というより、童話でございます(o^_^o)
    小さなお子様には少し難しい内容の様に思え、大人の方にもお薦めの作品でございました。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット