だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

グリム 七わのカラス」 みんなの声

グリム 七わのカラス 作:グリム
絵:リスベート・ツヴェルガー
訳:池田香代子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1985年
ISBN:9784572002846
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
「グリム 七わのカラス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • グリム童話イコール・・

    娘は、グリム童話=グロだと思っている節があり
    夏場の怪談を聞くようなこころづもりで聴きはじめたようです。
    私はまず、表紙絵の美しさに見せられ、この本を手に取りました。

    お話は、男ばかりの7人兄弟が、のろいの呪文でカラスにされてしまい
    それを8人目に生まれた娘が助けに行くというお話なのですが
    途中、グリム童話らしく、
    扉の鍵の替わりに自分の指を切り落とし鍵穴に入れるシーンがあり
    娘とふたり「おおー」と思わずうなりました。
    これは「グロ」というより、何かの暗示とか戒めとか
    大人読みしたら、いろんなとり方ができるかと思うのですが
    娘はたんに「残酷なシーン」と受け止めたようです。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとっても素敵♪

    このおはなしは知っていますが
    とにかく、この絵本は絵が素敵♪

    リアルなようで
    余計なものはなくって
    雰囲気ばっちりです

    でも、何度読んでも
    このおはなしは、なかなか理解出来ません(^^ゞ

    今回は、絵のせいでしょうか?
    こびとの存在が気になって気になって(^^ゞ
    みんなが喜んでいる時に
    こびとさんは片付けている
    その姿がとても疑問なんです(^^ゞ

    どうして、カラスにされちゃうのか
    おとうさん、おかあさんは、どうしちゃったのか
    気になることばっかりであります

    グリムは難解です

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥の深さを感じました

    グリム童話『七わのカラス』を二人の作品で鑑賞しました。
    グリムの話自体が怖い内容なのですが、ツヴェルガーの絵には奥深さを感じました。
    多分同時に読んだホフマンの絵と好対照だからでしょうか。
    七人の息子たちがいてやっと授かった女の子。
    父親にしても、妹ができた兄弟たちにとってもとてもうれしいことだったのです。
    身体の弱い娘を洗礼するために、父親は息子たちに聖水を汲みに行かせます。
    我先にと走ってたどり着いた井戸で兄弟は聖水を汲もうとしたツボを落としてしまって途方にくれます。
    なかなか戻らぬいたずら坊主たちに癇癪を起した父親が「カラスになってしまえ」と叫んだ言葉が、呪文となってしまって息子たちはカラスになってしまいました。
    父親にとって息子たちはあきらめるしかない存在だったのでしょうか?
    何知らず育った娘が大きくなって耳にした言葉は、娘の心に突き刺さります。
    自分のために兄たちはカラスになってしまったのです。

    兄たちを助けるために、娘は地の果てまで旅をします。
    太陽や月や星たち…。
    擬人化された深みのある絵が印象的です。
    星からもらった鍵を落としてしまった娘は、兄たちが閉じ込められている山の扉を開けることができません。
    そこで自分の手の指を切って、鍵穴に差し込んで扉を開けるのです。
    この残酷な行動の痛みが、話の展開の中で出てこないのが不思議なのですが、娘はお兄さんたちの魔法を解くことに成功します。
    喜びが痛みに勝ったのでしょう。
    幕切れがあっけないので、その後の兄弟の生活と父親との再会のシーンが気になりました。

    掲載日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なさし絵

     のろいでカラスにされたお兄さんたちを、妹が助けに行くというストーリーです。擬人化された月や星の表情は、ツヴェルガーさんらしいなと思いました。
     
     妹がお兄さんたちを探しにでかけるとき、2匹のうさぎが見守っています。このうさぎたちは、何なんだろうと気になりました。
     妹とお兄さんたちが感動の再会を果たしたときの、世話役の小人の淡々とした態度もおもしろかったです。
     ツヴェルガーさんの遊び心を感じました。

    掲載日:2010/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人っぽい雰囲気

    ツヴェルガーの絵本を紹介してくださる方がいて読んでみた本です。

    この「七わのからす」は初めて読んだ気がします。似たようなお話がアンデルセンにもあったように思います。

    ないものねだりというのか、七人の男の子がいても女の子がほしくてたまらないという気持ちがあるんですね。

    言霊の恐ろしさというのか、男の子たちがお父さんの言葉でからすに変わってしまうところは怖かったです。

    女の子がかぎがないために、自分の指を切り落とすというところがまたまた怖く感じました。

    静かで色遣いも抑えた絵、大人っぽい雰囲気があります。

    それだけに、女の子の意志の強さもよく出ていたように思いました。

    ホフマンでもこのお話があるようなので読み比べてみたいです。

    掲載日:2009/09/30

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 2
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット