うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

さるとかに」 みんなの声

さるとかに 作・絵:西内 としお
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:1988年
ISBN:9784052009723
評価スコア 4
評価ランキング 18,706
みんなの声 総数 5
「さるとかに」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 有名なお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    タイトルが「さるとかに」ですが中身は有名なさるかに合戦のお話です。
    このお話は本当にたくさん出てますよね。
    娘にも何冊か読んでいると思います。
    この絵本はしかけがついているところと幼い子向けに簡単にまとめられているのがいいですね。考えられて作られています。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなお話です

    小さい子用なので、お話自体もギュっと短くなっていて、

    話の結末も優しく終わっています。

    かににいじわるをしたさるに、みんなで仕返し(?)に

    いきますが、その方法が変わらず、昔話と一緒でした。

    うすがドンと落ちてきたところでお話は終わりです。

    仕掛け絵本だし、絵がかわいいので、

    怖いとか恐ろしいと感じないので、

    小さい子はこういうシリーズからスタートすると

    いいと思います。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名作がしかけ絵本になりました

    • ハミルトンさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    小さいサイズの絵本でしかけも単純なものですが、よく出来ていると思います。

    絵もとてもかわいいので、うちの子は夢中になってみていました。

    とくにお気に入りはさるの顔を切り抜いたしかけのページで、さるが大きな口をあけて→おむすびを食べるというしかけを「あーん、ぱくっ」と言いながら何度も繰り返し見ていました。

    私が購入した本屋さんではこの本しかなかったのですが、他にもシリーズ化しているようなので読んでみたいなと思っています。

    掲載日:2009/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさにはじめての・・・。

    いろんな絵本を読むうちに、やっぱり日本の昔話だよなぁと思い、いろいろ探してこれを買いました。

    本自体小さいし、薄いし、しかけもあるし。
    昔話へのとっかかりには最適だと思います。
    絵も子ども向けで親しみやすいし。

    内容は難しくないので、何度も何度も読んでいるうちに子どもはすっかり覚えてしまって、一人で勝手に読んでいますよ。

    お値段も安いので、ほんとにはじめて昔話を触れさせてあげるにはぴったりです。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • あくまでも明るく

    普通は「さるかに合戦」として知られているお話です。

    昔話はもともと残酷なものが多いもの。「カチカチ山」も御伽草子だったときは怖い描写があったのに段々子供向けになってきていますよね。

    この絵本もそんな流れの中の一冊でしょうか。
    本来、「仇討ちもの」であるお話がライトに描かれています。
    だからタイトルからもあえて「合戦」を抜いたのかも知れません。

    物語はさるがかにの持っているおにぎりに目を付け、柿の種と交換するように持ちかけるところから始まります。

    かにはよろこんでおにぎりを交換し、毎日 柿の種に水をやり収穫を迎えるのでしたが。。。

    「はやくめをだせ かきのたね ださねば、、、、」

    の文句は誰でも知っていますよね。そんな部分はきちんと残しながら、しかけと絵柄があいまって明るくコミカルにかにのこどもと仲間たちがさるをやっつけます。

    少々、割愛されている部分もありますがよくまとまったいい絵本だと思います。

     子供の頃、わたしが聞いた「さるかに合戦」はとにかくさるに対して腹が立って仕方なかったものです。

    これくらい短く、あかるい方がお子様向けだと思います。

    掲載日:2006/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット