だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

太陽」 みんなの声

太陽 作・絵:フランクリン・M・ブランリー
訳:神鳥統夫
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年
ISBN:9784338194013
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,803
みんなの声 総数 4
「太陽」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なぜ?どうして?に・・・

    • 白ママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    息子のなぜ?どうして?に困り果てた私が見つけた絵本です。
    漢字も使われていますが、全てにふりがながふられています。
    文字数も多くは無く、分かりやすく例を挙げて書かれていますので、幼稚園の年長児くらいでも、興味のある子は夢中になると思います。
    太陽の大きさ、地球からの距離、温度、太陽の働き、そして寿命、簡単にわかりやすく説明されています。
    太陽が後50億年で燃え尽きてしまうということには、衝撃を受けたようでした。
    また紹介されていた2つの実験も(時間と手間は掛かりますが)年長児でもわかりやすいものでお勧めです。

    掲載日:2010/09/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • 太陽のありがたみが分かる!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子5歳

    5歳の娘、9歳の息子と読みました。
    うちゅうたんけんたいのシリーズ、この一冊で全部制覇です!

    毎日見ることのできる太陽も、実は星のひとつであること、
    太陽のおかげで地球に生命があること、
    そんな有りがたい太陽も、あと50億年で寿命を迎えてしまうこと。

    などなど、太陽についてとてもシンプルに分かりやすく、
    説明されています。

    娘は、太陽の寿命を聞いてショック!
    50億年 という時の長さの感覚が全くないようで、
    太陽が膨張して地球を飲み込むか、
    その前に地球が溶けてなくなるか、という説明を聞き、
    本気で頭を抱えていました。

    毎日、太陽ありがとう!と思うことはあんまりないのですが、
    この絵本を読むと、太陽の素晴らしさ、ありがたみが
    とっても胸に沁みますよ!

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 案外知らない

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子8歳、女の子5歳

    自分が子供のころ理科という授業はありましたが、天体のことについて深く学ぶ機会はあまりなかったように思います。
    こんなに身近な太陽のことなのに、私は情けないほど知りませんでした。
    でも、身近な星についてのことはもっと学校で教えてもいいのではないかと思います。

    太陽の大きさや温度や太陽が地球に与えているものなど、この絵本を読めば小学生ならある程度理解できるように書かれています。
    最後にある詳しい解説は高学年・大人向きかもしれませんが、分かりやすいと思います。
    子供も皆既日食で太陽について少々興味をもったようなので、この絵本を読んでさらに興味をもったように思います。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ☆宇宙に暮らしている私達☆

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子12歳、男の子8歳

    『宇宙たんけんたい』6巻シリース゜の第1巻です。

    知っているようで 意外と知らない太陽の事。
    大昔から現代まで、そしてこれからも…
    地球に住む私達は
    太陽の恩恵を受けて 毎日を暮らしている事を改めて感じました。

    太陽の大きさ・温度・地球と太陽との距離…
    もし太陽が無かったら…などについて
    子供でも理解出来るような文章で書かれています。

    最後のページには 太陽の寿命が記されています。

    あとがきとして書かれている「太陽のはなし」では
    どうして宇宙開発が必要なのかという課題に触れ
    わかりやすく説明してあります。
    3年生の息子も もちろん私も
    大変興味深く読ませて頂きました。

    きれいな色使いで はっきりとした絵が好印象です。
    2巻では「月」6巻では「宇宙人」についての内容です☆

    小学校中学年〜大人向け…でしょうか。

    掲載日:2006/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット