たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

くもり ときどきミートボール」 みんなの声

くもり ときどきミートボール 作:ジュディ・バレット
絵:ロン・バレット
訳:青山 南
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784593504299
評価スコア 4.26
評価ランキング 13,885
みんなの声 総数 26
「くもり ときどきミートボール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • こんな話は初めて!

    おじいちゃんがパンケーキを飛ばしすぎて男の子の頭の上に落ちてしまったのを契機に、食べ物が降ってくる町の話を始めます。毎日食事時に美味しいパンやパスタやチーズやジュースがふってきます。楽しそう!!でも、、、そのうち異変が起こり、ふる食べ獲物が巨大化して人を押しつぶしたり家をこわしたりしはじめ、人々がよその町に避難します。食べ物を買うなんていう初めての体験をします。

    こんなストーリーは初めてで、絵本の中の童話だとしても面白すぎますね。娘も喜んでいましたが、私もこんな町に住んでみたい!(巨大化する前ですけど)ご飯も作らなくていいし、楽ですね。でもボートのようなサイズの食パンが降ってきたら、、、、、怖いですね。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 想像したらスゴい町

    おじいさんの作るホットケーキも、ホラ話も迫力満点です。
    空から食べ物の降ってくる町って、よく考えると怖いですね。
    降ってくる食べ物で町が潰されそうな光景を想像したら、好きな食べ物も嫌いになりそうですし、食欲も無くなりそうです。
    そんな町から逃げ出したこともよく判ります。
    こんなお話ができるおじいさんになりたいと思いました。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんでもなく面白い

    あまりにも、とんでもない町(でも、ちょっと羨ましい)カミカミゴックン町ですが、そんな都合のいいことは長く続かないんですね。
    食べ物が荒れ狂うように降ってきたら本当に恐怖しかないですけど、絵本だと面白くて子供はとても気に入って大笑いしていました。
    でも、今の地球と似てるなーと私は思ったりもしました。なんといいますか。要するに異常気象なんですよね。
    ただのユーモア絵本ではなさそうなところも、この本の魅力的だと思います。

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画を見たくて

    このタイトルの映画があるので
    今度見に行こうということで、手にとりました。

    空から食べ物が降ってくるという
    夢のような町に娘はワクワクか・・と思いきや
    タイトルにある「ミートボール」(娘の大好物)が
    娘の予想に反し、大々的にフューチャーされておらず
    読み終えた後
    「で、ミートボールは??」と言われてしまいました。
    確かに、タイトルにあるにもかかわらず
    ミートボールの存在は空気のようです・・^_^;

    このような
    ちょっと規格外の夢物語は
    現実主義やつじつまの合わないところには鋭く突っ込む気性の娘に読むには
    不向きだったかもしれません。

    掲載日:2014/01/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 掃除のことを思うと恐ろしい

    手元が狂って、焼いていたホットケーキを孫の頭にすっ飛ばしてしまったおじいちゃんが話してくれた、おかしなお話――それは、カミカミゴックンという町の話でした。
    そこは、一日に三回空から食べ物が降ってくるという便利で不思議な町。
    でもある日、天気がどんどんおかしくなり始めて…?

    絵が鉛筆画のように細かく書かれていて、アメコミ風でした。
    空から食べ物が降ってくる――ご飯を作る必要がなくて楽だと思うよりも、掃除が大変そうだなあと思ってしまった私。
    現実的すぎますかね(笑)
    天気がおかしくなった後の町は大混乱。
    学校を覆い尽くさんばかりのホットケーキや、塩とこしょうにまみれたトマトの竜巻――なんて考えられますか?
    その後カミカミゴックンの町がどうなったのか…うーん、気になります。

    掲載日:2012/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • じっくり見たい絵でした

     読み聞かせのお友達のおすすめで借りてみました。

     内容的には、読み聞かせでも読んであげたいなと思うものでした。
    しかし、小学校のひとクラスでの読み聞かせには、
    絵が細かいので不向きだなあと思いました。
     細かく書き込まれているので、少人数でじっくりゆっくり
    絵を見ながら楽しみたい本だと感じました。

     息子たちは、「これなんかCМでみたことある気がする…」
    と言っていました。
    皆さんの声にあったように、映画になっていたのですね。
    そのCМを見たのですね。DVDになっていたら、観てみたいです。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほんとに、ごちそうさま。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    感想を寄せておられる方の多くが「自信を持っておすすめしたい」ではなく、「なかなかよいと思う」に一票を投じておられるのがわかる気がします。
    よくないわけではないのです。読むと、どんどんおなかがいっぱいになって、もう結構です。になってしまうのです。
    でも、ぜひ、読んでいただきたい。
    だれでも想像したことはないでしょうか、空からジュースが降ってきたらなあとか、ケーキが落ちてこないかなあとか。この本では、それが本当に起こっています。自分の空想が、現実に起こっているようにみえて、最初はうれしくなりました。食べるための、食欲を満たすために料理しなくても、3食降ってくるんですから。お母さんとしてはうれしい限りです。
    でも、おなかいっぱいになってもまだ降ってきたり、好きなものではないものが降ってきたりしたらどうでしょう。話を読みすすめるうちに、もういいです、もう結構ですって気持ちが心にいっぱいになりました。
    食べ物が町にあふれていくようすなどは、食べすぎたり、残しすぎたりする今の現状を風刺しているかのようです。食べ物という恵みを感謝していただく気持ち、それを思い出させてくれる、そんな一冊かなとも思いました。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • くもり ときどき ミートボー
    おもしろい タイトルに惹かれて読んでみました
    おじいさんが ホットケーキ焼いてくれて ママがオレンジジュースつくってくれて・・ おもしろい話だな〜

    おじいさんのお話がおもしろい展開になっているのです!

    カミカミゴックンという町
    えっ!
    この カミカミゴックンという言葉が 懐かしい 子供が小さいとき口の中でもぞもぞさせているとき カミカミゴックンと私が言っていたのでした。
    この町のおもしろさは 絵本を読んでのお楽しみ!!

    このお話は 今の飽食の時代への啓発かもしれませんが・・・・

    おじいさんのお話は おもしろい 
    カミカミゴックン・タイムズも おもしろいニュース!

    はなびやさんが 映画になったと書かれていましたが
    見られましたか? 映画ならば 絵本以上に 表現されていたのでしょうかね?? 
    映画見てみたい気がしました!

    掲載日:2010/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • だんだん怖くなる・・・

    • ススワタリさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    題名を見て「おもしろい!」と思い、早速6歳の息子と3歳の娘と読んでみました。

    カミカミゴックンという町では雨も雪も降らない代わりに食べ物が空から降ってきます。
    空からオレンジジュースの雨。
    「おいしそうだね」と子供たちは目を輝かせています。「うちにもそんな雨が降ったらいいのに・・・」と。

    でも、だんだん読み進めていくと、巨大ホットケーキが家の上にドカーンと乗って、メイプルシロップの雨が。
    さすがにおいしそう!とは思えませんね。

    その辺りから「やっぱりジュースは降ってこなくてもいいや」

    最後にはカミカミゴックン町の人も町から逃げ出して・・・

    最初はとっても夢のある笑い話かと思いましたが、話の展開に子供たちは怖がってしまい、ちょっと笑えなかったようです。

    掲載日:2010/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 米アニメ映画の原作らしいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    少し前、確か2009年の冬休みくらいに、アメリカのアニメ映画になった原作と知り、気になって図書館で探してきました。

    よく見るとすごく細かいペンが入っているイラストでした。
    こういう手法(描き方)が美術的にあるのは知っていますが、絵本としては少々見づからいかな?と感じました。

    おじいさんのお話に出てくる「カミカミゴックン町」の天気は、子どもたちからしたら、夢のような町でしたね。
    町の最後はちょっと予想がつかなかったです。
    でっかい食パンのヨットにはうちの子どもたちも笑いました。

    読んであげるなら幼稚園くらいから小学校高学年まで、結構ウケると思います。

    掲載日:2010/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット