だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あな」 みんなの声

あな 作:最上 一平
絵:福田 岩緒
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1991年
ISBN:9784406020121
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「あな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小学生の兄弟が見た謎

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    山里の空き家の前で、小1の直人と、小3の太一が見かけた、得体の知れない穴。
    小学生らしい探求心で、様子を探るのですね。
    懐中電灯の光も、石も、長い竹竿も、音もなく飲み込んでしまう不気味さといったら!
    大人も童心をゆすぶられ、思わず同じ緊迫感を感じてしまいますよ。
    今の子どもたちには、こんな体験のできる場所や時間もないでしょうから、
    せめてこの作品で、体感してほしいです。
    作者からのメッセージも滋味深いです。

    掲載日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 得体の知れないもの。

    過疎化した小さな村での、兄弟が経験した
    不思議なお話。

    何かわからない、得体の知れないものに
    遭遇したような、不安な気持ちに陥ってしまいます。
    でも、東北の方言が入った会話文が
    その不安な気持ちを少し和らげてくれるかな?

    私が実際にその穴を見つけたらどうするかな?なんて
    思いながら読み進めましたが、私もきっと
    この兄弟のように目の前にある穴について追求するだろうな〜
    これを解明しないと、何だか前に進めないような気がする。
    子どものころって、そんな無垢なところが冒険心をかき立てるのかな?

    読み終えて、子どもたちとこの穴の正体について推理するのが
    とても楽しかった♪

    みなさんは、この穴の正体はなんだと思いますか?

    掲載日:2007/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども時代に感じた不気味さ

    兄弟があるとき、空き家になってしまった家の庭に穴をみつけます。石を落として深さを測ってみたり、長い竹を突っ込んでみたりしますが、けっこう深い穴なのです。
    この話は、ふつうにほのぼのした感じではじまるのですが、途中からだんだん不安になってきます。日常が何か異常なものに侵食されていくんではないかという不安とでもいいましょうか。昔こどものころ、くずれかけた一軒やの中を覗いて見てはいけないものを見たようなそんな感じに襲われます。子ども達は解決のない穴の秘密に宙ぶらりんになったままの不気味な体験をするにちがいありません。

    掲載日:2006/05/23

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / えんぴつはかせ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット