だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

あめふりうります」 みんなの声

あめふりうります 文:平田 昌広
絵・原案:野村 たかあき
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2014年05月14日
ISBN:9784061325791
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,375
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ねこきちのことわざ

     雨がふらなくて、みんなが困っていました。それを聞いたぐうたらネコのねこきちが「あめふり」を売りだしました、、、。
     「あめふり」を売る、なんてびっくりですが、本当に雨がふってきました。
     「ねこの手もかりたい」のことわざも、ねこきちがはじまりだったのかな、なんて笑ってしまいました。

     版画で描かれた、ぐうたらネコのねこきちの表情が、おもしろかったです。版画ならではの、いきいきした絵がよかったです。

    掲載日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • ことわざ落語絵本

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    ことわざを題材にした落語絵本です。
    木版画の絵がなんともユーモラスな情景にぴったりです。
    根っからのぐうたら猫のねこきちが、タヌキたちの会話から商売を思いつくのです。
    あめふり売ります。
    そう、「猫が顔を洗うと雨が降る」ということわざです。
    そして、実際に雨を降らしてしまうのですから、驚きです。
    でも、だからこそ、とんでもない騒動も。
    「きつねのよめいり」、「猫の手も借りたい」も、見事に説明してしまいます。
    ぐうたら猫だからこその展開に、座布団一枚!です。
    小学校のおはなし会で読みました。
    ちょうど梅雨時期の台風が近づいており、タイムリーなネタになりました。

    掲載日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • ことわざ絵本、

    • キドリさん
    • 50代
    • その他の方
    • 群馬県

    ぐうたら、なまけ者のねこきち。
    でも、得意なことが1つあります。
    「ねこが かおを あらうと あめが ふる」ということわざ通り
    ねこきちが顔を洗うと雨が降るのです。

    ねこきちは、それを仕事にして
    「あめふり」の商売をはじめました。
    すると、いろんなお客さんが、
    いろんな理由で「雨」を買いに来ます。

    でも、ぐうたらねこきちは・・・。
    ありゃりゃ、村は、雨が降ったりやんだりの大騒ぎ。


    江戸落語のような雰囲気で
    情景が浮かんできて、
    雨が降っては子供たちは大喜びしていました。
    動物ことわざ絵本。
    読み終えた後に、いろんな動物のことわざで
    お話しできました。
    ねこきちが次はどんな商売をするのか楽しみです。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 面白いです!

    面白いです!
    ”ねこが かおを あらうと あめが ふる”という、ことわざ(?)がありますが、そこからこんなおはなしが生まれるなんてビックリです。

    ぐうたら猫のねこきちが、ひと儲けしようと「あめふり」を商売にします。
    雨が降らなくて困っている動物達には、願ってもないこと!
    依頼を受けると、ねこきちは顔をごしごし・・・
    本当に雨なんて降るのかな?うまくいくのかな?
    そう思って読み進めていくと、おやおや意外な展開。
    そうだったのか〜(笑)と、つっこみつつ笑ってしまいます。

    野村たかあきさんと言えば『とうちゃんはかんばんや』『おじいちゃんのまち』など、じんわり心が温かくなる版画絵本で有名ですが、この絵本でまた新しい魅力を感じました。

    ”ねこが かおを あらうと あめが ふる”などの、言葉の意味がわかった方が楽しめるので、小学生以上におすすめでしょうか。
    でも、おはなしを読んで、そういった言葉の意味を大人が教えてあげるのもいいかもしれませんね。
    もちろん、大人もたっぷり楽しめます♪

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 我が家のにゃんこにも

    ねこがかおをあらうとあめがふる。
    そんな言い伝えから、「あめふり」商売を思いついたぐうたらねこ。
    大変なことになってしまうのですけれどね。
    いいなあ。我が家のぐうたらにゃんこにも、日照り続きの時など
    やらせてみたいわ。もちろん、私がきちっと管理するので、大変な
    ことにはならないはず(笑)。

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • めんどうくさがりやのねこ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    「ねこがかおをあらうとあめがふる」本当に自由に雨を降らせてしまうなんてすごいですね!
    これは正直需要あるでしょう。商売が成立するのも分かる分かると肯いてしまいます。
    こどもも気に入ったようでよく持ってきています。ねこの言うことばや「ねこのてかします」といった文をよく口に出しては喜んでいます。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 諺に、落語?版画が素敵です!

    版画ですね!?

    「雨降り」を売るの?
    なぜ、ねこ???
    それも、ぐうたらのようですよ(笑

    諺からはじまり
    なるほど・・・
    「きつねの嫁入り」につなげましたか

    終わりも「オチ」があり
    落語みたいな感じ

    とぼけたような表情のねこきちが
    なんともいい味をだしています

    創作なんでしょうが
    自然に、諺にも
    興味が持てそうです
    おもしろいです!

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいっっっ

    よくできてます!!

    「ねこがかおをあらう」
    「きつねのよめいり」
    「ねこのてもかりたい」
    といったことわざを
    うまーく組み合わせ
    見事なお話を展開。
    これがまた、笑えるうえに、うならせられるのです。

    なぜ、あの天気が「きつねのよめいり」なのかわかります。
    必見!!!

    掲載日:2016/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど!

    ぐうたらねこのねこ吉が始めた商売は、『あめふり』売りでした。
    そんな商売、あるのかと思ったら、猫ならではのお仕事です。
    『ぐうたらねこ』という表現がおかしくて、思わず笑ってしまいました。表紙のポーズも笑えますが、ねっころがってる姿もおかしくて…
    そして始めた商売…何もかもおかしなことばかりなのですが、ことわざをうまく使ったお話になっているので、ぐいぐい引き込まれてしまいました。
    『キツネの嫁入り』や『『ねこの手を借りる』なんていうのも出てくるので、いい勉強になります。

    掲載日:2016/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お年寄りに

    老人ホームでのお話に大活躍です。
    猫が顔を洗うと雨が降る。狐の嫁入りや、ウサギとカメのお話など小さい子にはわからなくても、おばあさんたちには大うけ。
    絵も線がくっきりしているので見やすいようで、あれはネズミ?あら、タヌキなの?と、興味を持ってくださっていました。
    雨の季節にお勧めの本です。

    掲載日:2015/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット