庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

くまのアーネスト あめの ひの ピクニック」 みんなの声

くまのアーネスト あめの ひの ピクニック 作・絵:ガブリエル・バンサン
訳:もり ひさし
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1983年
ISBN:9784892389689
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,149
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 優しいなあ

    くまのアーネストおじさんは、セレスティーヌのために
    あめのひにピクニックを決行します。
    やさしいなあって思います。
    私だったら、絶対、「今度晴れた時にしましょう。今日は
    おうちでご本でも読んでいようね」って言っちゃうと思います。
    きっと、でも、小さい子どもは、こんな風に約束を守ってくれて
    自分の気持ちに寄り添ってくれる大人がいたら、うれしいだろうな。
    あめのひのピクニックなんて、すごく特別だから、大人に
    なってもずうっと忘れないで、しあわせな気持ちで思い出すの
    だろうなあって思います。
    風邪はひかなかったかな?ちょっと心配です。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 暖かな気持ちになりました。

    くまのアーネストおじさんとセレスティ―ヌはピクニックの約束をします。
    ところがどしゃ降りの雨セレスティ―ヌはピクニックに行きたがり、アーネストもはじめは困ってしまいますが、だんだんその気になって来て…。
    自分だったら絶対に出来ない大らかな二人の行動を見て、とても優しい気持ちになりました。
    きっと、この二人はなんでも楽しみに変えることが出来るんだろうなと、憧れます。
    娘はテントの中でお弁当を食べるページが楽しいようで何度も読んで
    と言ってきました。

    掲載日:2011/11/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • アーネストおじさんを見習いたい

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    せっかく楽しみにしていたピクニックも、雨が降ってしまうと、行けなくなくなるっていうのがフツウですが、アーネストおじさんは、機転をきかせて、いい天気だというつもりでピクニックをやっちゃいます。
    セレスティーヌの気持ちを大切にするアーネストおじさんの優しさを感じました。そして、雨の日でも楽しくすごそうという前向きな気持ちを見習いたいなあとも思いました。
    絵が小さいところがあったり、絵でセレスティーヌの気持ちを読み取ったりするページもあるので、大勢の前での読み聞かせには向きませんが、親子でいっしょに読む本としてはおすすめできます。
    最後の展開はとてもとても想像できません。楽しさと優しさいっぱいの二人に与えられたサプライズなプレゼントに、こちらも心があたたまりました。

    掲載日:2009/07/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今日はとてもいい天気♪

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    くまのアーネストおじさんシリーズ。
    前夜より楽しみにしていたピクニック。
    サンドウィッチの支度も完璧なのに、朝から土砂降り。
    セレスティーヌはがっかりです。
    落ち込むセレスティーヌの姿を見て、あきらめようと説得していた
    アーネストおじさんも、今日はいい天気のつもりで出かけよう、
    とピクニックを決行するのです。
    そう、決めたからには楽しくね。
    でも、なかなか、素敵なピクニックじゃあないですか。
    アーネストおじさんの優しさが伝わってきますね。
    もちろん、とってもはしゃぐセレスティーヌの姿があってこそ。
    そんな二人だからこそ、クレームを言いに来た森の地主も
    いつしかお仲間になってしまうんですね。
    子ども達もしっとりと聞いてくれましたよ。

    掲載日:2008/06/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨の日は、「天気が悪い」なんて、もってのほか。
    雨の日でも、楽しいことはいっぱいあります。
    おきにいりの傘を差してお出かけ、水遊び、雨の音を聞いたり。。。
    ピクニックだってできちゃいます。アーネストおじさんとセレスティーヌみたいに。
    セレスティーヌは、大好きなおじさんとなら、雨だってへっちゃら。
    「楽しいこと」は自分から作っていける。憂鬱に感じていた雨の日、これからは、お出かけ日和になるかも。

    掲載日:2007/07/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨の中でピクニック気分。お昼の支度も終わっている。雨の日ってピクニックってありえない話ですよね。この話は凄いです。自分たちでテントを作り、雨をよけながら楽しい気分にしてゆく。山の持ち主もさそって楽しむ。
    わたしなら、注意されたら私たちはその通りに動いてしまい、諦めてしまうでしょう。この親子は凄いです。
    出かけ先で途中で雨になったときって途中でも中止にして帰るのにね。

    掲載日:2007/06/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨の日だって♪

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    幼い頃、明日は、ピクニック(外出)♪となるとワクワクし過ぎて眠れなかったり、というお話を耳にした事がございました。大人になってからから、お天気を余り気にしなくなったワタクシです(^_^;)
    それは、今日が駄目でも次にしよう♪別の事をしよう♪と思えてしまうから・・・・・・。
    ですが、幼いお子様にとっては、ピクニックだったり、遊園地だったりって大イベントですものね(o^_^o)お父さんが、お仕事で遊園地へ行けなくなってしまったなんていうCMもございましたが、その時の寂しそうな顔といったら、切なくなりますよね(..;)
    この作品には、セレスティーヌとくまのアーネストおじさんの雨の日のピクニックの楽しく心温まるお話でございました(o^_^o)
    現実的に考えてしまうと、何かあったら大変!とも思ってしまいますが、子どもの頃、一緒に遊んでくれたり、こういう大人がそばに居てくれたら、きっと楽しかったでしょうし(o^_^o)信頼し尊敬する大人だっただろうとしみじみ感じさせられた素敵な作品でございました♪
    お薦め作品です。

    掲載日:2006/07/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんなピクニックも楽しそう

    楽しみにしていた遠足・ピクニックやお出かけが雨で中止になってしまった時、すごく悲しいですよね・・・
    同じように、楽しみにしていたピクニックが雨で中止になってしまったセレステーヌをみて、アーネストは雨のなかでのピクニックを提案。
    なんて心が広いアーネスト。
    そんなアーネストの優しさ・温かさに心打たれました。
    文章が少なく、絵が語りかけるタイプの絵本。
    読むというより、感じる絵本だと思います。
    そういう意味では大人向きかもしれません。
    でも挿絵がほんわかしているし、何よりもそんなピクニックだったら楽しいだろうなあ、行ってみたいなあという気持ちになって、子供もすごく喜んでいました。

    掲載日:2006/05/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雨でも決行!

    くまのアーネストおじさんとセレスティーヌは、前日からいろいろと準備をしてピクニックを楽しみにしていました。でも当日、土砂降りの雨が降ってしまいます。何か別の案を探すのかな?と思ったら、ふたりはピクニックを決行。ビックリしましたが、そのピクニックがとっても素敵なんです。
    長靴とレインコートと傘で装備は万端。雨よけテントの下でお弁当を食べれば、とびきりスペシャルな思い出になること間違いなしです。
    アーネストおじさんのように、臨機応変に、子どもと一緒に楽しむ方法を真剣に考えなくちゃと思いました。

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見習わなくちゃ、このお父さんの姿

    雨の季節にお勧めの本、という事で図書館で借りてきました。
    普通、雨が降ったらピクニックは中止、が当たり前ですが、そこを敢えて逆転の発想で「楽しい思い出」に変えてしまう、お父さんの気持ち・思いやりがヒシヒシと伝わってきます。
    大人の常識でどうしても動いてしまう私たちですが、雨の中でピクニックを楽しむ、と考えて想い出づくりをすることこそ、親の務めかな、と思いました。

    勿論、絵本自体はそんな堅苦しいことを考えずに楽しめるストーリーとなっていて、絵のタッチ自体もとても暖かく優しいものを伝えてくれます。この本は何冊かのシリーズになっている様なので、別のお話しも少しずつ娘と共に楽しみたいと思います。

    掲載日:2013/07/13

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / ちいさいおうち / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット