雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

もののけ温泉 滝の湯へいらっしゃい」 みんなの声

もののけ温泉 滝の湯へいらっしゃい 作:佐々木 ひとみ
絵:jyajya
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2013年10月
ISBN:9784265054909
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 4年生の女の子かえでが夏休みの不思議な体験を通して成長するお話です。
    この不思議な体験っていうのが、
    誰にも言ってはいけない内緒のお手伝いから始まるのでわくわくさせられました。
    公衆浴場の休憩時間、特別なお客さん、もののけ温泉、謎だらけの糸子ババ…
    秘密めいた言葉のオンパレードにどんどんお話に引き込まれますよ。
    読み終わった時には、お話の楽しさだけじゃなく
    作者から子ども達へのあったかいメッセージも心に残りました。
    これは涙が出そうになった時の気持ちの切り替え方とか、
    仕事やお手伝いをする上での気持ちの持ちようとかなのですが
    実生活や学校ですぐに実践できそうでもあるし、
    一生大切にするべき大切な習慣のようにも感じます。
    これを理解し、身に付けられたら一人前!
    糸子ババが初めてかえでを名前で呼ぶ最後の場面からは、
    暗にそんな言葉も聞こえてきそうでした。

    お話の舞台のモデルは宮城県の鳴子温泉ということですが
    北関東育ちの私は、自分にとっての懐かしい伊香保や草津の温泉街を思い出しながらら
    たっぷりと温泉の雰囲気を満喫することが出来ました。
    いつ読んでも楽しいと思いますが、夏休み前の今からがちょうど読み時かもしれません。

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 地元宮城県の鳴子温泉が舞台とのこと(^o^)丿

    実家が気仙沼なんもんで
    小さい頃「温泉」というのは
    岩手の須川温泉と
    今は大崎市になったけど
    鳴子温泉
    と、思い込んでました(^^ゞ

    歴史もお湯もとても有名で
    今みたいにそんな気軽に行く所じゃなくって
    祖父母が冬に湯治に行く場所
    というイメージが強かったです

    こどもからすると
    「温泉」は、古い感じ?
    昔の世界と結びつくイメージって
    確かにあるかもしれません

    「もののけ」という言葉に
    宮崎アニメ作品の
    「もののけ姫」や
    なんたって「千と千尋の物語」ですよね
    そのイメージとちょっとだぶります

    水森かえでちゃん 10歳 小学4年生
    お母さんが入院し
    お父さんが職を変えて忙しいらしい
    で、父方の祖母のうちへ預けられたけど
    それが、温泉旅館
    祖母もおばさんもやさしいけど
    忙しくって相手をしてもらえない
    看板猫のトラさえも・・・

    「つまんない」

    誰かに何かをしてもらわないとー
    ということが全面に出ています

    それが、滝の湯での出来事で
    変わるのです

    かえでちゃんの自立!?
    自主的になることにつながるのですね

    興味関心を持つこと
    糸子ババの怖いけど芯をついた言葉が
    かえでちゃんの気持ちを成長させていきます

    自主的に動くことで
    片づけの手際がよくなったり
    「働かざるもの (温泉に)入るべからず」(^^ゞ
    を、身で感じ取っています

    人に頼りにされることは・・・
    と、気づいています

    こちらの方言でも
    素敵な言葉「おみょうにち」
    「御明日」・・・また、明日お逢いしましょうの意も
    使われ
    宮城県作品だなぁ〜
    と、感じるのでした

    掲載日:2014/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット