くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

新装版 こっちを むいてよ、ピート!」 みんなの声

新装版 こっちを むいてよ、ピート! 作・絵:マーカス・フィスター
訳:高橋源一郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年03月
ISBN:9784062626125
評価スコア 3.75
評価ランキング 31,741
みんなの声 総数 3
「新装版 こっちを むいてよ、ピート!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 冒険に出たペンギン

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    ペンギンに惹かれて読みました。
    冒険に出たペンギンのピート!
    難破船に乗り込んだらねずみがいて…。
    二人は探検して仲良く遊びますが…!?
    会話がおもしろかったです。
    冒険って、そして友だちっていいなーと思います。

    掲載日:2017/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難破船

    ペンギンピートの難破船の探検です。先客がいたと思ったらそこに住みついているねずみのホレーショです。一緒に楽しい時を過ごし、楽しく遊びます。ホレーショは、独りぼっちで心細かったと思うのですが、やっぱり無人船が安心して住めるようですね。これからは、ビートも遊びに来ると思うからよかったと思いました。食料倉庫もいっぱいのようだし、ホレーショ一人なら数年生きていけそうです。ちょっと丁寧すぎる会話が面白かったです。

    掲載日:2010/12/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペンギンの冒険

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳

    作者は「にじいろのさかな」シリーズで人気のマーカス・フィスターさんです。
    独特の美しく可愛らしい絵がとっても素敵な絵本です。
    ある晴れた気持ちのいい朝、ペンギンのピートは冒険に出かけます。ピートのお目当ては古い難破船でした。
    そこにはすでに先客がました。
    それは小さなねずみのホレーショ。
    ふたりはすぐに仲良くなり、楽しい時間を過ごします。
    ピートとホレーショの友情が温かく描かれていて、
    礼儀正しい言葉遣いのホレーショと〜ですぅが口癖のピートの会話も楽しいです。

    掲載日:2006/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『おもしろいほど日常単語が身につく 英語&日本語(バイリンガル)かるた』インタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット