ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

てんしちゃん」 みんなの声

てんしちゃん 作:石井 睦美
絵:南塚 直子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年
ISBN:9784097274896
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,387
みんなの声 総数 3
「てんしちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やっぱり、天使ちゃん

    天使になることを辞めたくて飛び出した「てんしちゃん」です。
    たくさんの出会いがあって、てんしちゃんの優しさが何度もみられましたね。
    その都度、てんしちゃんは本当の天使なんだ、と思えました。
    絵も、かわいかったです。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 石井睦美さんと南塚直子さん

    自分がよい天使にはなれないだろうと思って、天使の学校をぬけだしてしまう
    天使の話です。天使と人の違いは、彼女にとっては、翼なのかな? その翼を
    誰かにあげてしまおうと思って、色々な人や動物に声を掛けるけれど、断られ
    ぱっな
    しの“てんしちゃん”。 でも、その代わりに、声を掛けた人や動物たちが欲
    しいというものをあげていきます。そして.... という話でした。

    欲しい物をあげると言う時点で、もう既に立派な天使の素質を発揮しているてん
    しちゃん。気付いていないのは自分だけなのかな?
    自信がなくて出て行ってしまうところが、何故だかとても共感をもてました。

    この絵本は、石井睦美さんと南塚直子さんの絵は雰囲気がすごく似ているなと
    いつも思っていて、しかも互いに絵・文が逆の立場のコンビネーション
    もよく
    あって不思議だなぁと思って調べていて、見つけました。

    やっぱり、女の子の絵や雰囲気が似ていますよね。 
    きっとこのお二人は、お互いに絵を安心して任せられる関係なのかな?

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとても可愛らしい

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    立派な天使になれそうにないからと、てんしちゃんは天使をやめることにしました。そして、天使の羽を誰かにもらってもらおうと、天使の家を出て歩いていきますが・・・。
    てんしちゃんは、いろいろな人や動物や植物と出会って、立派な天使になれなくたって、自分には天使が一番合っていると気づいたのでしょうか。
    悪人が出てこないし、てんしちゃんがとても可愛い。ほんわかとした温かいお話です。

    掲載日:2006/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット